この星の格闘技を追いかける

【Bellator234】なぜ左の蹴りを続けた!! フエルタが蹴り足をキャッチされTD許し続け、アウトローに完敗

<ライト級/5分3R>
シドニー・アウトロー(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
ロジャー・フエルタ(米国)

サウスポーのフエルタの左ミドルに組みついたアウトローが、大きくスラムしてテイクダウンを決める。エルボーを落とすアウトローに対し、クローズドを続けるフエルタは、ガードが割れると足を一本抜かれる。尻をずらして立とうとするフエルタを潰し、マウントを狙ったアウトローだが、フエルタはブリッジから背中を向けて体を起こす。バックに乗ろうとしたアウトローを前方に落としたフエルタだったが、足を取られて再びガードを仕入れる。

シッティングから起き上り際でアウトローが再びバックへ。嫌がったフエルタが引き込むと、アウトローはサイドで抑えてヘッドロックチョークを仕掛けたところでタイムとなった。

2R、フエルタのローを掴んですぐにテイクダウンしたアウトローがトップに収まる。エビからエルボーを打っていくフエルタは、担がれそうになり亀へ。背中に乗りに来たところで立ち上がったフエルタが離れることに成功する。オーソも織り交ぜながら戦うフエルタだが、前蹴りを掴まれ引き込むように下を選択する。左ヒザを押し、パスを狙うアウトロー。クローズドに戻されても、トップをキープして細かいパンチを落としてポイントを譲らない。

蹴り上げから立ち上がったフエルタがダーティーボクシング、離れて左ミドルを蹴ったところで、またも掴まれてテイクダウンを許す。クローズドで残り50秒を過ごしたフエルタ、ガードの中に納まったアウトローに容赦ないブーイングが観客席が起こった。

最終回、アウトローが左ジャブをヒット。左フックから右を振るうフエルタ、もう蹴りは出さない方が懸命かと思われるが、構わず前蹴り、そしてローを蹴っていく。アウトローは左ミドルをキャッチして、軸足を払ってテイクダウン。パスガードを決めて、サイドで抑えるアウトローをフエルタがクローズドに捕える。

エルボーを落とすアウトローに対し、フエルタは蹴り上げからスタンドに戻る。と、直後にまたも左のキャリをキャッチされて倒される。スイッチからスクランブルに持ち込んだフエルタは、どういう魂胆があるのかまたも左の蹴りを掴まれて倒される。そのままクローズドを取り続けたフエルタに判定勝ちの目はなく、アウトローが連勝を9に伸ばした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie