この星の格闘技を追いかける

【Pancrase309】計量終了 我が道を往くISAO✖アグォン、バンタム&ウェルター級でポスト王者対抗戦開始

Pancrase309【写真】フェザー級KOPTで戦う王者ISAOとカイル・アグォン、バンタム級コンテンダーファイト=ヤマニハ✖春日井など、メインカード出場選手の全員が計量パス(C)PANCRASE

明日20日(日)に東京都台東区の新木場スタジオコーストで開催されるPancrase309 の計量が、19日(土)新宿のDo-Ga Shinjukuで行われた。

メインのフェザー級TOKPから本戦が7試合、プレリミ4試合という通常よりコンパクトな明日の大会に向け、本戦出場選手は問題なくクリアし、プレリミでは第1試合で大城正也と対戦する立花恵介が、3度スケールに乗ったが落としきれずキャッチウェイト戦となった。


メインのフェザー級タイトル戦は王者ISAOにとってリベンジとなるカイル・アグォン戦。また絶対王者ハファエル・シウバが、ONE100で修斗王者の佐藤将光にKO負けというショッキングな状況にあるバンタム級戦線では、傷心シウバへの王座挑戦を賭けてヒロ・ヤマニハと春日井たけしが戦う。一方、王者・手塚裕之が勝利したウェルター級では、かつて同階級の頂点に立ったレッツ豪太がパンクラスへ再び再戦する。

前回のパンクラス参戦時に、その終盤で露呈した打撃への苦手意識が王者に君臨するGladiatorなどでの戦いで払拭できているのか──絶好の指標となる三浦広光戦、さらには高木健太がクロアチアのアレキサンダー・ラカスを国際戦を行うなど、我が道を征くフェザー級王者ISAOを含め、ポスト王者対抗戦の戦いの幕が切って落とされる。


            
■ Pancrase309計量結果

<フェザー級KOPT/5分5R>
[王者]ISAO:65.7キロ
[挑戦者] カイル・アグォン:65.3キロ

<バンタム級/5分3R>
アラン・ヒロ・ヤマニハ:61.5キロ
春日井たけし:61.6キロ

<女子バンタム級/5分3R>
東陽子:61.65キロ
タチアネ・フォンタス:61.3キロ

<女子フライ級/5分3R>
ライカ:57.0キロ
アニー・カロリネ:56.6キロ

<ウェルター級/5分3R>
三浦広光:77.6キロ→77.55キロ
レッツ豪太:77.25キロ

<ウェルター級/5分3R>
高木健太:77.4キロ
アレキサンダー・ラカス:77.1キロ

<ライト級/3分3R>
阿部右京:70.4キロ
平信一:70.45キロ

<バンタム級/3分3R>
井関遼:61.4キロ
諏訪部哲平:61.15キロ

<バンタム級/3分3R>
聖王DATE:60.7キロ
藤井徹:61.5キロ

<53.6キロ契約/3分3R>
立花恵介:54.15キロ→53.9キロ→53.6キロ
大城正也:52.05キロ

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie