この星の格闘技を追いかける

【ONE97】ミートサティートを圧倒し続けたミャオ・リータオ、判定勝ちは極めきれず感残す

Myao【写真】一方的にミートサティートを攻め続けたミャオだが……(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ミャオ・リータオ(中国)
Def.3-0
ポンシリ・ミートサティート(タイ)

まず右ローを入れたミートサティートは組まれても、首相撲からヒザを狙う、素早いワンツーからダブルレッグを決めたミャオが、サイドから頭を跨いでアームロックへ。足を取りに来たミートサティートのバックに回りバックマウントのミャオは、マウントに移行してパンチを落とす。足を戻したミートサティートのサイド、亀になるとバックに回ったミャオはRNCへ。パンチを入れ、前方に落とされないよう絞めを狙ったミャオが腹這いになりRNCもミートサティートが胸を合わせる。

エルボーを落としマウントを取りにいったミートサティートをスクランブルから投げたミャオが、続くスクランブルでも組み勝ちパンチを打ち下す。足を掴んでボディを殴ったミャオが初回を取った。

2R、ミートサティートの飛び蹴りの着地にテイクダウンを合わせたミャオ。パスを決め上四方へ移動し、ミートサティートが腹這いになるとバックに回り込む。胸を合わせに行ったミートサティートが立ち上がるが、ミャオがすぐにシングルレッグを決める。クローズドガードのミートサティートを殴るミャオは、一旦立ち上がり飛び込んで右を打ち下す。正対して足を取りに来たミートサティートのバックに回りフックしなおしたミャオは、上を向いたところでクルスフィックス&パンチへ。ミートサティートは立ち上がり、ワキを潜ってバックに回るが前方に落とされガードを強いられる。後方回転&正座状態のミートサティートのバックに回ったミャオはRNCを極めきれずパンチに切り替え、この回も取った。

最終回、ミャオは打撃の間合いからダブルレッグ、シングルに切り替えてテイクダウンを奪う。パスからサイドを取られたミートサティートが、腹這いにんって足を取りに行くとミャオがバックで両足をフック、RNCを極め切れずマウントを移行し勢いのあるパンチを連打する。左右のパンチもブリッジからスクランブルに持ちこもうとしたミートサティートは、すぐに上を許しパス&上四方を許す。これまでと同じ流れでバックに回ったミャオだが、背中を取り切れず上を選択──と、ここも同じパターンに。ミートサティートを圧倒したミャオが判定勝ちも、極め切れない攻撃に観客のフラストレーションはたまった。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie