この星の格闘技を追いかける

【PFL2019#05】ウェードがコツコツ・キックでアリエフに判定勝ち……ライト級PO進出8人が決まる

<ライト級/5分3R>
クリス・ウェード(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
アクメット・アリエフ(ロシア)

ローを蹴り合う両者。ウェードが左ハイを見せ組んで首投げへ。投げられたアリエフが、その勢いを利して横回転から上を取る。すぐにスタンドに戻ったウェードが、テイクダウン狙いのフェイクから後ろ回し蹴りへ。これは距離が遠いが、左ヒザに続き左ミドルを入れる。これが効いたか、一息ついたように見えたアリエフに対し、ウェードが距離を詰めてパンチ、ヒザ蹴りをボディに見舞っていく。アリエフもスピニングバックキックを放ち、右ストレートをヒット。構えを小刻みに変えるウェードに対し、アリエフが右ハイ、右フックを振るっていく。アリエフの右オーバーハンドに組みついたウェードが、ケージに押し込んだ状態で初回が終わった。

2R、左ミドルから右ハイを放ったアリエフ。ウェードも左ミドル、そして左ハイを連続で蹴っていく。この一発で動きが止まったアリエフにラッシュを掛け、組んでいったウェードは急所にヒザ蹴りを食らう。劣勢の中でみせたあくどい反則にレフェリーはブレイクを要求し、アリエフにはペナルティが与えられる。

USAチャントのなか試合は再開し、アリエフが右ミドル。ウェードが左ミドルを蹴っていく。関節、サイド、前蹴りを繰り出すウェードに対し、アリエフが右オーバーハンド。互い手数は少ないが、隙を見てパンチや蹴りを出し合い、アリエフはスピニングバックフィスト、そして右オーバーハンドを当てる。互いにやや遠目の距離で単発の攻撃を繰り返した。

最終回、ウェードは構えを変えてジャブを伸ばす。アリエフは蹴り足をキャッチしてパンチ。互いにペースを譲らないなか、ウェードが左フックを当てて組んでケージ際へ。アリエフもポジションを変えて距離を取り直すと、ここで右ミドルをクリーンヒットさせる。右オーバーハンドでマウスピースを吐き出したウェード。遅れてレフェリーが試合を止め、マウスピースを装着しなおして試合が再開される。

変わらず蹴り中心のウェードは残り1分でテイクダウンを仕掛けるも、体を入れ替えたアリエフにケージに押し込まれる。残り10秒でブレイクが明示され、アリエフが後ろ回し蹴りをクリーンヒットしタイムアップへ。同時に両手を高々と挙げたウェードが判定勝ち、ライト級のプレーオフ進出はシュルチ、マメドフ、ウェード、アリエフ、マゴメドフ、アンドリュース、ラジャボフ、ニジェムの8名に決まった。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie