この星の格闘技を追いかける

【DEEP90】急遽出場の白川が、スプリットで石司を破りタイトル&RIZIN出場をアピール

2019.06.29

<65キロ契約/5分2R>
白川”Dark”陸斗(日本)
Def.2-1:20-18.20-18.19-19(Must石司)
石司晃一(日本)

左ボディを伸ばす白川、石司は右ローを返す。右のクロスを放った石司は、白川の右をガードしミドルを蹴る。距離を詰めて組んだ石司が首相撲からヒザ蹴り、離れた白川がボディを放つ。ワンツーをガードされた白川はグローブの間からショートのアッパーを当てる。直後に石司はシングルレッグで尻もちをつかせるも、白川がケージを使って立ち上がった。

左前蹴りの石司、左ミドルを見せ、右フックに組んでいく。切った白川は構えを変える石司に左を当て、左ロングアッパーを伸ばす。クリンチからヒザを2発突き刺した石司、離れた白川は圧力負けすることなく初回が終わった。

2R、白川の右フックにシングルを合わせてテイクダウンを決めた石司が足を束ねようとする。ここも立ち上がった白川が左ジャブを当て、ボディフックを狙う。アッパーを交え左フックをヒット、続いて右を当てた白川。石司はテイクダウン狙いを切られ、右の交錯後に左フックを被弾する。パンチを見せてからのテイクダウンも切られた石司に対し、白川はボディを殴り、中間の距離の打撃戦で打ち勝つ。ワンツーを当て、相打ちでも威力で優る白川が右フックを打ち込む。

口が開くなどスタミナも切れてきた白川は、気合のショートの連打へ。打ち終わりに左を当てた石司は、ダブルレッグから小外掛けでバックに回り込む。両足をフックしRNC狙いの石司、白川も最後まで耐えてタイムアップに。ジャッジ2人が20-18で白川につけ、残りの1人が19-19のマストで石司を支持──白川は番狂わせを起こし、タイトル挑戦とRIZIN出場をアピールした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie