この星の格闘技を追いかける

【UFN154】モリー・マクマンが美獣アリアネ・リプスキに打ち勝ち、フルマークの判定勝ち

<女子フライ級/5分3R>
モリー・マクマン(英国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アリアネ・リプスキ(ブラジル)

序盤から打撃戦が続き、互いに蹴りにパンチを合わせようとすると、続くパンチの交換からリプスキがボディにヒザを突き刺す。マクマンは後ろ回し蹴りから左フックを当てると、リプスキがボディを入れ、右ストレートを顔面に届かせる。ロングの右フックを打つマクマン、リプスキが右ミドル、左ローを蹴る。踏み込んで左フック、近距離でワンツーを放ったマクマン、リプスキは頭が同じ位置にあり攻撃を当てても自らも被弾しやすいか。踏み込んでワンツー、ボディフックを入れたマクマンが残り15秒でダブルレッグを完璧なタイミングで決め、観客に手を挙げてアピールしてからパウンドをまとめた。

2R、激しくパンチを交換する両者。マクマンがローを当て、左フックへ。勢いのあるフックを振るうマクマンに対し、リプスキが左ジャブをヒットさせる。マクマンはスピニングバックフィスト、リプスキは組んでヒザを狙うも逃げられる。それでもワンツーから右を入れたリプスキは右ハイの直後に右フックを被弾し後方に腰から崩れる。スタンドで待ち受けたマクマンは左フック、そして右フックを当てる。ボディを打ったリプスキが右を当て返すが、パンチの威力はマクマンが上だ。

リプスキは左前蹴りを入れるが、狙うべきは左ハイか。そのためにもパンチに意識を持ってこさせたいところだが、残り20秒でまたもダブルレッグを決められてしまう。マウントを取ったマクマンは左のエルボーからパンチをまとめてこの回も取った。

最終回、フィニッシュしか勝利はなくなったリプスキは左を受けて、左を返す。フックを被弾しながらボディにヒザを入れたリプスキは、左ミドルを蹴り込む。リプスキの蹴りの勢いをフックで跳ね返すマクマンは、気が付けば右側頭部から流血している。構わず前に出るマクマンは右フックを入れ、距離を取りつつ時間を使う。組みにいったリプスキに逆に左を入れたマクマンが、スピニングエルボーを当てる。残り10秒、足を止めての打ち合いを見せた両者──試合はマクマンが3-0で判定勝ちを手にし、リプスキはオクタゴン2連敗となった。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie