この星の格闘技を追いかける

【ONE85】安藤晃司、負けられない一戦でラスル・ヤキャエフにスプリット判定で競り勝つ

<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
安藤晃司(日本)
Def.2-1
ラスル・ヤキャエフ(ロシア)

サウスポーの安藤は前手を伸ばしてジャブとアウトローを蹴る。ヤキャエフがインロー・右ストレートを出すと、安藤もジャブ・インローを返す。単発の右ストレートで飛び込み、そこから左フックを返すヤキャエフ。安藤は変わらずジャブでプレッシャーをかけ、左のボディストレート。ここでヤキャエフのアイポークがあり、安藤にインターバルが与えられる。再開後、ヤキャエフは単発ながら右ストレートをヒットさせ、安藤が前に出てくるとバックステップで距離を取る。ヤキャエフの右を受けると、安藤はすぐに右フックを返す。距離を取りながら右ストレートを当てるヤキャエフ。安藤もラウンド後半は自ら前に出てワンツーを当てた。

2R、ジャブによるプレッシャーをかけ続ける安藤。ヤキャエフもパンチを返すが、安藤のプレッシャーでやや消耗も見える。逆に安藤は左ストレートが当たる回数が増える。しかしここでも1Rに続いてヤキャエフのアイポークがあり、安藤にインターバルが与えられる。再開後、安藤はすぐに前に出て、ヤキャエフと距離が詰めると、返しの右フックと左ストレート。これでヤキャエフが尻餅をつき、すぐにタックルへ。がぶった安藤は立ち上がるヤキャエフを金網に押し込み、そこから組みの攻防になるが、どちらも距離を取って組みの攻防は選ばない。距離が離れると安藤が右を突いて左ストレートで前に出るが、逆にヤキャエフが上体を沈めての右ストレート。これを被弾した安藤だったが、すぐにジャブで前に出て譲らない。

3R、ヤキャエフは右からの飛び込んでの左フック。ここからテイクダウンの攻防に持ち込み、安藤に尻餅をつかせる。ヤキャエフは安藤の足を自分の足で刈ってトップキープしようとするが、安藤も金網に身体を預けて立ち上がる。ジャブ・顔とボディへの左ストレートで前に出る安藤。右をゴツゴツと当ててペースをつかむと、ガードを固めるヤキャエフのボディにも右を打ち込む。単発の右で応戦するヤキャエフ。右を起点に細かくパンチを当て続ける安藤。中盤以降はこの展開が続き、試合終了のゴングを聞いた。判定は2-1で安藤。負けられない一戦でヤキャエフに競り勝った。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie