この星の格闘技を追いかける

【Special】格闘技写真の第一人者、長尾迪氏にあなたの生き様を撮ってもらう絶好の機会。Let’s go studio!

2018.04.19

Studio F1【写真】長尾氏のスタジオは、サミット成城店の目の前にあるお洒落な建物だ(C)MMAPLANET

ゴールデンウイークに、スタジオでフォトセッションしませんか?──格闘技撮影の第一人者・長尾迪氏が東京都世田谷に保有するスタジオ=Studio F1 Seijoにて、4月28日(土)から5月5日(土)にかけて1日5組限定で、皆さんの写真を撮影すると同時にミニ写真展を開く。


今回の撮影会を開くこととなった理由を氏は以下のように話す。
長尾迪
「昨年、スタジオを始めた時にプロやアマチュアを問わず、アスリートの写真を撮りたいと思っていました。私は仕事柄、格闘家と知り合う機会も多いのですが、プロになっても選手のスタジオ撮影を行わない団体も多く、撮影したとしても王者クラスのトップファイターに限られることが多いようです。

現役時代の輝いている時間は、ごく僅か。私のスタジオでは、有名、無名に関わらず、輝いているその姿を撮影したいのです。また、経済的な理由、家庭の事情で、プロ選手になることを諦めた人も多くいます。アマチュアでも、格闘技に対する熱い思いや情熱を持っている人を、たくさん見てきました。思い出作りでも良い、記念でもい良い、生きてきた証の一つとして撮影させて頂ければ──考えています。

その一方で、ひと昔前の選手らはチャンピオンでもスタジオ撮影をしている人は、ごく僅かです。当時はカメラとフイルムが高価で、スタジオ撮影料も非常に高額でした。先日、随分と前に引退した方をスタジオで撮影したのですが、非常に喜んで頂き、『長尾さんに撮ってもらうのが夢でした。この写真があれば、これから先も頑張れます』と、言ってくださいました。

あの頃に戻って、写真だけでも残したいと思う方も多いそうです。私のスタジオでは、写真を通じて、そんな方々のお力になりたいのです。柔術の方の撮影用に新品の畳も用意しました。畳に座っての撮影や受賞したメダルやトロフィーなども、持ち込んでいただけたら、嬉しい限りです。

また『今年のゴールデンウイークは写真展をやらないのですか?」、「楽しみにしています」などの声を多く頂き、スタジオで撮影会をやるのだから、期間中はミニ写真展も開くこととなりました。アンディ・フグらのレジェンド中のレジェンドから、いまも最前線の選手まで。フイルムからデジタルにカメラは変われど、私の選手に対する愛と尊敬のまなざしは、変わっていないということをお見せしたいです』

今回の撮影会は──ファイター限定でなく、格闘技ファンも対象となっており、ポーズ写真、プロフィール写真、ポートレート、コスプレ写真、家族写真、ペットと一緒の写真、お友達との記念写真、御望みの写真を長尾氏がスタジオで撮影するとう今回の企画。昨年はヒクソン・グレイシー写真展を開くなど、世界中のトップファイターから熱烈な支持を受ける氏に一生の思い出に、あなたの『生き様』を撮影してもらう絶好の機会だ。

なお、撮影の詳細は以下の通りだ。

Let's go Studio撮影背景    白バックか黒バックを選べます。
撮影カット数  約30~50カットを予定(撮影データーは全て入手できる)。
撮影所要時間  一組30分程度
料金 10000円(税別・開催中の特別料金)
*撮影代にはスタジオ使用料、オリジナルデータ作成、2Lプリント、全て含まれており、更衣室室も完備。MMAグローブ、ボクシンググローブの無料レンタル有り。
開催期間 2018年4月28日(土)~5月5日(土)の11:00~18:00(会期中無休)で、最終日のみ15:00終了
撮影終了後は持参したカメラや携帯でスタジオを利用して、ご家族やご友人を撮影することも可能とのこと。また希望者には長尾氏より写真撮影のレクチャーも受けられるとのこと。

予約優先となるが、当日でも受け付けるとのこと。メール、もしくは電話で申し込みを。
メール
susumu.nagao@gmail.com

電話
03-6337-7540

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie