この星の格闘技を追いかける

【UFC223】多彩な攻撃を盾にも使うエヴァンズスミスが、ローリンズからフルマークの判定勝ち

<女子フライ級/5分3R>
アシュリー・エヴァンズスミス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ベック・ローリンズ(豪州)

シングルのフェイクを見せてワンツーを放つエヴァンズスミス。ローリンズは右に回りローを蹴るが、エヴァンズスミスはそこに右を合わせる。距離を詰めてパンチの連打、右ミドル、右アッパーを打って離れたエヴァンズスミスが試合をリードする。距離を詰めてボディフック、首相撲からヒザを入れるエヴァンズスミスに、ローリンズもエルボーを打ち込む。

離れたエヴァンズスミスが後ろ回し蹴り、鋭い右ローを走らせる。ローリンズが右を返すと、エヴァンズスミスはダーティボクシング&首相撲からヒザと馬力の違うような攻撃を続ける。ローリンズは右を当てた直後にダブルレッグでテイクダウンを許した。

2R、エヴァンズスミスがロー、前蹴り、右ミドルと蹴りを多用する。距離を詰めることができないローリンズに、引き続きミドルを多用するエヴァンズスミスは、飛び込んできたところでアッパーを見舞う。ローリンズは怯まずに右を果敢に打っていき、ダブルレッグをスプロールする。右を鋭く入れるローリンズだが、手数でエヴァンズスミスが上回り、ポイントを加算していく。

エヴァンズスミスも打たれると、表情が変わる場面があり、ローリンズは打たれても左ジャブ、右ストレートを返す。エヴァンズスミスが首相撲&ヒザで攻め立てるが、ローリンズは心が折れない。スピニングバックフィストをブロックしたローリンズは、シングルレッグを切ってバックに回りつつパンチを纏める。ポイント的にはエヴァンズスミスだが、ローリンズは気持ちが負けないファイトを見せていた。

最終回、サイドキックで距離を取り、踏み込みにはパンチで待ち受けるエヴァンズスミスは、トリプルのジャブを繰り出す。ローリンズはワンツーを返し、右ハイをブロックして右ストレートを伸ばす。アッパーエルボー、ジャブ、アッパーから連打と手数が減らないエヴァンズスミス。多彩な攻撃手段の壁を突き破ることができないローリンズは、受け身の展開が続く。

残り2分を切り、右のアッパーエルボー、後ろ回し蹴りを繰り出すエヴァンズスミスのワンツーが決まる。ワンツーでプレッシャーをかけるエヴァンズスミスが、そのワンツーを続ける。ローリンズは右ストレートを返したが、KOパワーはなくそのまま試合はタイムアップを迎え、フライ級転向のエヴァンズスミスがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie