この星の格闘技を追いかける

【UFC183】アル・イアキンタ、非情なクールさを見せローゾンをTKO

<ライト級/5分3R>
アル・イアキンタ(米国)
Def.2R3分34秒 by TKO
ジョー・ローゾン(米国)

シングルレッグのフェイクからパンチを伸ばしたイアキンタ。やや離れた距離でパンチを繰り出すイアキンタに対し、ローゾンは前に出てパンチを振るう。イアキンタは右ボディショットを決めると、間合いを詰めたローゾンが連打を打ち込む。左ジャブから右ハイを見せたイアキンタは、引き続き近距離でローを入れる。さらに左ミドルから左フック、ボディと攻撃の手を緩めない。ローゾンは手数が少なく、パンチにもローを合わされてしまう。

ローゾンは右をヒットさせて前へ。ここは打ち負けた感のあるイアキンタが間合いを外す。続いてローゾンは右ヒザに見せたが、テイクダウンを合わされ、ギロチンへ。これを抜いたイアキンタは寝技にはこだわらず立ち上がって細かいパンチを連打。残り10秒でダブルで組みついたイアキンタだが、テイクダウンには至らなかった。

2R、上下、左右に動いて工夫するイアキンタに対し、ローゾンは前に出てシンプルに右ストレートをヒット。イアキンタは右ロー、接近戦で右アッパーを繰り出す。ガードを下げて、左ジャブを入れたイアキンタはローゾンのシングルレッグを切る。ボディも織り交ぜ、アッパーはフックの連打、さらに右ストレートを伸ばしたイアキンタが、右ストレートでローゾンの動きを止める。

そのままパンチを続けローゾンが倒れると、イアキンタはパウンドを落としながら自らスタンドへ戻る。続いて起き上がったローゾンに右ストレート、千鳥足のように体が流れるローゾンを追いかけると、非常に落ちつてロー、パンチを適格に打ち込み続ける。防戦一方になり、背中を見せるようにケージ際に下がったローゾンを見てレフェリーが、試合を止めた。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie