この星の格闘技を追いかける

【OFC05】ファルシローリの妙技を封じたビビアーノがOFC初陣飾る

<バンタム級/5分3R>
ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)
Def.判定3-0
グスタボ・ファルシローリ(豪州)

組みついて一気にバックを取ったビビアーノ。潜ってくるファルシローリにエルボーを落とす。ここで立ち上がったファルシローリは左エルボーを狙うが空振りに。左ローから、前蹴りを見せたファルシローリに組みついてテイクダウンを奪ったビビアーノ。MMAでは非常に珍しい展開だが、ファルシローリはディープハーフからリバーサルを狙う。腿にエルボーを落とし、トップをキープするビビアーノに対し、ファルシローリはディープハーフから煽り続ける。

足が抜けないビビアーノ、ワキを差したファルシローリは胸を合せてスイープを狙う。右手を伸ばしてトップをキープするビビアーノは、残り30秒で立ち上がりガードを取ったままのファルシローリにローを入れる。レフェリーがブレイクを掛けて、ファルシローリが立ち上がったところで、初回が終了した。

2R、左フックを振るうビビアーノは、続いてローからパンチを振るって距離を詰める。右ストレートがファルシローリにヒットし、ダウンを奪ったビビアーノ。ダメージが残った状態で、パウンドを受けながらもファルシローリは潜っていく。ビビアーノはパスに成功するとサイドからエルボーを落として、じっくりと削っていく。

残り2分、足を一本入れたファルシローリがバックに回り、アンクルを狙うビビアーノの額にパンチを入れる。さらに後方から鉄槌をいれるファルシローリに対し、ビビアーノはヒザ固めへ。と、向きを入れかえて立ち上がったビビアーノがパンチを落としたところで2Rもタイムアップに。今時、珍しい柔術メソッドが数多く見られる試合は最終ラウンドへ。

右を打ち込んだビビアーノは、ファルシローリのテイクダウン狙いに対し、バックに回る。前方に落とされても、ビビアーノは三角絞めからオモプラッタを仕掛ける。腕を引抜いたファルシローリがスタンドへ戻ると、ビビアーノは明らかにスタミナをロスしたようで、動きが少なくなっていく。ファルシローリのスピニングバックフィストは空振りになり、バランスを崩しても、ビビアーノはこれといった動きは見せない。

ビビアーノの右は大振りになり、組みつくシーンも見られないまま、試合は残り2分を切った。ここでファルシローリの前蹴りがヒットすると、ビビアーノは前に出で首相撲からヒザを突き上げる。左エルボーから右を振るったビビアーノは、自ら距離を取る。ファルシローリも疲れたのか、それともポイントを計算してか、3Rはテイクダウン狙いからガードワークを見せることもないまま、試合はスタンド戦が続く。

残り20秒、ファルシローリの左前蹴りがボディにヒットするも、ビビアーノが組みにいったところでバランスを崩し、ガードを取る。直後に試合終了が告げられ、2Rと3Rでは試合展開がまるで違った一戦は、ユナニマスデシジョンでビビアーノが判定勝ちを手にした。OFC初陣を終え、「神に感謝している。アイ・ラブ・マニラ。彼はタフで、フレキシブルだった」とビビアーノは語り、ケージを後にした。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie