この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】スイッチで完封。サフィジーヌがマーコート挑戦アピール

<ウェルター級/5分3R>
タレック・サフィジーヌ(ベルギー)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
ロジャー・ボーリング(米国)

様子見の展開から距離が近づくと、サフィジーヌが首相撲から右ローを繰り出す。放れてもローから右ジャブを伸ばすサフィジーヌに対し、ボディフックを放つボーリング。サフィジーヌは首相撲からヒザを入れるが、グリーンはここでも左右のボディフックを振るっていく。

ケージ際の攻防から打撃戦に戻るが、踏み込んでパンチを打ち込みたいボーリングは、首相撲を警戒して距離をなかなか詰めることができない。それでも前に出たボーリングは首相撲に対し、ボディロックからテイクダウンを狙っていく。ケージ際でエルボーを見せたサフィジーヌが距離を取ると、追いかけてパンチを入れるボーリングが組みつく。距離を取ったサフィジーヌの見せた左ハイキックに沸く館内、接戦の初回が終了した。

2R、ボーリングの蹴りに右フックを被せようとしたサフィジーヌ。続く打撃の交換のなかでボディを放ったボーリングの目に、サフィジーヌの左指が入って一時中断に。再開後、サウスポーからオーソにも戻したサフィジーヌの右から左がヒットする。再びスイッチから右ジャブ、戻して右フックからローのコンビネーションとサフィジーヌの動きの良さが目立ってくる。

さらに首相撲からヒザを見せたサフィジーヌは、ボーリングをケージに詰めてヒザを突き上げる。組みついてがぶったボーリングだが、寝技に持ち込むことはできない。アウトサイドトリップの体が流れたボーリング、サフィジーヌの打撃でスタミナも削られてきたようだ。残り1分も巧みにスイッチを交えて戦うサフィジーヌが、ペースを握り続けた。

最終回、サウスポーから左ミドル、オーソから右ロー、組みつかれても態勢を入れ替えてボーリングをケージに押し込むサフィジーヌ。ボーリングは初回に見せていたボディでなく、顔面に狙い変えたようだがクリーンヒットがない。

サフィジーヌのバックキックに合わせて組みついたボーリング、ケージに押し込んでダブルレッグにトライするも、ここでもサフィジーヌがワキを差して体を入れ替える。時間をじっくり使うサフィジーヌはボディアッパーを連続で見せ、距離を取り直す。残り1分、ボーリングのダブルレッグは勢いがなく、サフィジーヌが潰してバックに回り込む。

両足をフックしたサフィジーヌが、リアネイキドチョークの態勢に入ったところでタイプアップとなった。両者、試合終了直後に両手を挙げるが、手の挙げ方も勢いがあるのはサフィジーヌ。間合いをコントロールし続けたサフィジーヌが、フルマークの判定勝ちを収め、ネイト・マーコートへの挑戦者に名乗りを上げた。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie