この星の格闘技を追いかける

【It’s Showtime】GWSスポンサードマッチは、チェンが判定勝ち

2012.07.01

<77キロ級/3分3R>
ドゥオリ・チェン(オランダ)
Def.判定5-0
ヴァハップ・オズデミール(トルコ)

スポンサーがGlory World Seriesであると意味深な表情でリングアナがコールした第1試合。すると、オズデミールがリングを下りてファールカップを着用する。チェンは苦笑いを浮かべて、試合開始を待つ。サウスポーのオズデミールに右ハイから左ローを放つチェン。オズデミールは左に回ってフックを狙う。

オズデミールはチェンのハイをブロックし、ヒザに左ボディを合せていく。首相撲から転がしたチェン、左ローから前に出るが、オズデミールの左フックを受ける。右ジャブから左フックを打ち込むオズデミールは、チェンのハイをブロックするが、左フックを受ける。思い切り左フックを振り回すオズデミールは、左ストレートを放つがクリンチからブレイクに。

オズデミールはラウンド終盤に跳び蹴りを見せたが、ブロックされ初回が終了した。2R、開始早々に左フックから右ハイで放つチェン。オズデミールは左ストレートから左アッパーを振るい、さらに左フックを振り回す。チェンの右フックで後方にオズデミールが倒れるが、ダウンにはならない。ヒザから右ハイにつないだチェンは、右フックを受けて首相撲から転がし注意を受ける。

疲れからかパンチは出すが、バランスを崩すシーンが増えてきたオズデミールは、ハイキックを蹴って自ら尻餅をつく。最終回、チェンは右フックから左、右のハイを繰り出し、積極的に攻める。左フックを返すオズデミールは、左アッパーを見せたが、首相撲からヒザを顔面に受けてダウン。

オズデミールは立ち上がっても、ダメージが残っており体が流れる。チャンは右ハイから右ミドルと蹴りを連続し、右ストレートを打ち込む。オズデミールは右フックを空振りに再び首相撲からヒザを受ける。チェンはオズデミールが前に出て来ると、首相撲を狙う。最後まで前に出続けたチェンとは、対照的に終了後に全身から疲れを見せるオズデミール。ジャッジの裁定はダウンを奪ったチェンが、ユナニマス・デシジョンで判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie