この星の格闘技を追いかける

【UFN49】粗い打撃戦、ヴィックがモノにする

<ライト級/5分3R>
ジェイムス・ヴィック(米国)
Def.3-0:30-27, 29-28, 29-28
バウミウ・ラサーロ・ビドゥ(ブラジル)

ヴィックから右ローから、足を入れ替え右ミドル。ラサーロは体を左に大きく傾けて、右を狙う。アゴが上がった構えで大振りのパンチを振るうラサーロにヴィックが右ストレート。そのダイレクトなパンチを上回る勢いでラサーロが右フックを見舞う。フックにストレートを混ぜるようになったラサーロは、ヴィックの跳びヒザ二段蹴りを受けてなお、パンチを合せていく。

ヴィックは左ハイ、ラサーロはフックの連打も右ストレートから左ジャブを受ける。組み合いのなかでヒザを見せたラサーロ、ヴィックは右ハイを空振りしバランスを崩すが、立ち上がって連打を繰り出す。ラサーロはここでテイクダウンに成功するも、ヴィックからリバーサル狙いから立ち上がる。荒い打撃戦を見せる両者、残り1分となりラサーロが再びテイクダウンに成功する。すぐに立ち上がったヴィックは左ボディフック。ラサーロが組んでくるところにギロチンを仕掛ける。ここからはラウンド終了まで打撃戦となった。

2R、引き続きパンチを交換するヴィックとラサーロ。特にラサーロのペースが上がっている。右ローから左フック、ラサーロはさらに左右のフックを繰り出す。ヴィックのスピニングバックフィストは空振りに。しかし、ラサーロは右ストレート受けて足が泳ぐ。右ストレートで追い打ちをかけるヴィック。ヴィックも疲れからか攻撃を集中できない。ラサーロは手数を弛めずボディロックから後方へ、テイクダウンへ。トップで2R終了を迎えた。

最終回、ヴィッグが右をヒット。続く右ハイをダッキングでかわしたラサーロは、再び右を被弾しダブルレッグへ。離れて大きく体を振りながら、ラサーロが右を伸ばす。両者、ガードもなくなり、手数が止まるなど疲れが目立ってきた。引き続きフックを振るうラサーロにヴィックの左ハイが入り、ダウン。ラサーロはすぐに起き上がるも、ヴィックのローが急所に入り試合が中断される。再開後、ラサーロが右を放つが、逆にヴィックの右を被弾し、ボディも二―に突き刺される。残り10秒でヴィックは跳びヒザにテイクダウンを合わされる。ラサーロはここから動けずタイムアップに。粗い粗い乱打戦はヴィックがモノにした。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie