この星の格闘技を追いかける

【UFN47】フォルミーガ、狙い通り逃げ切り勝利

<フライ級/5分3R>
ジュズエ・フォルミーガ(ブラジル/6位)
Def.3-0: 29-28,29-28,29-28
ザック・マコウスキー(米国/9位)

サウスポーのマコウスキーが右ジャブで距離を測る。フォルミーガは左ストレートをよけ、右を狙う。マコウスキーは右ストレート、少し足を滑らせるが問題ない。と、マコウスキーの左に組みついたフォルミーガがバックへ。マコウスキーが前方に落そうとするも、しっかりとバックをキープする。マコウスキーの素早い動きに背中を取りつづけられず、ファルミーガがガードを取る。

十字を防いだマコウスキーがスタンドへ戻ると、左を当てて、スッとファルミーガの脇をすり抜ける。フライ級らしい動きだ。フォルミーガは再び左ストレートに合せてバックを取ると、そのままテイクダウンに成功する。背中をつけたマコウスキー、フォルミーガはハーフからパンチを落とし、右エルボーも見せ初回を取った。

2R、マコウスキーの左ハイがフォルミーガの頭部を掠める。マコウスキーは左ストレートからシングルレッグでテイクダウン、ファルミーガがすぐに立ち上がる。細かいフックを打ちこんだマコウスキーに対し、フォルミーガも右をヒット。首相撲からヒザ、再びバックに回りスタンドでシングルフックながら背中に飛び乗る。クォーターネルソンで固めたフォルミーガ、グラウンドに持ちこみ、マコウスキーが胸を合わせようとしたところで両足をフックし、バックマウントを完成させる。マコウスキーはRNCは防ぎ続けて3Rに最後の望みを託すこととなった。

3R、マコウスキーは左からワンツー、離れたフォルミーガに踏み込んでアッパーを狙う。動きが落ちないマコウスキーだが、2Rを取っているフォルミーガは距離を取るファイトを見せる。前に出る意識が強くなって然りのマコウスキーだが、しっかりとテイクダウンを切る。そして、続くボディロックからのフォルミーガのテイクダウン狙いに体を預けてトップを奪取する。クローズドガードのフォルミーガから離れてパンチを打ち込もうとするマコウスキー。

フォルミーガはここでパスを許すも、マコウスキーはヒップエスケープに合せて立ち上がる。ガードのなかに入ってきたマコウスキーは左のパウンドを打ち込む。防戦一方となったフォルミーガ、手首と頭を押さえて時間の経過を待つ。起き上がってパンチを落すマコウスキーは、足を捌きにいくもファルミーガも蹴り上げから、上体を起こしてシングルへ。そのままマコウスキーをケージに押し込んだフォルミーガが、29-28で逃げ切った。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie