この星の格闘技を追いかける

【TORAO27】2Rにダウンを奪った野尻、しかし奇天烈がカーフとフックを効かせてマジョリティドローに

<フェザー級/5分2R>
野尻定由(日本)
Def.1-0:29-28.28-28.28-28
奇天烈(日本)

開始早々、奇天烈が距離を詰める。野尻はケージを背負いながらサークリング。奇天烈はスイッチしながら距離を詰めていくと、野尻が右ローを放った。奇天烈が初めての攻撃、右カーフキックで相手にマットへ手を着かせる。さらに右カーフから右フックを当てた奇天烈。野尻はケージ中央まで戻してプレッシャーをかける。奇天烈が右カーフを打つも足を滑らせる。スイッチを繰り返しながら、相手との距離を測る奇天烈。野尻は細かくローを放っていく。

左フックから飛び込んだ野尻。さらに左ハイで相手を下がらせる。奇天烈は野尻にケージを背負わせたが、手数が少ない。野尻は左右のロー、さらに右フックで詰めていく。残り10秒で飛び込んだ野尻だが、奇天烈はバックステップで組まれずに初回を終えた。

2R、プレッシャーをかける奇天烈に対し、細かくローを放つ野尻。右ローが奇天烈の右ヒザを捉えると、奇天烈はバランスを崩した。野尻は左右ローの数を増やす。奇天烈も右カーフを当てる。奇天烈はフェイントから距離を詰めるも、野尻のロー、左右フックに阻まれる。ここで組みついた野尻、しかしすぐに離れた。お互いに探り合いが続くなか、奇天烈が右ミドル、右ハイと蹴りを変えてくる。野尻もガードを固めて前へ。左ジャブ、フックからローへ。奇天烈も右ジャブを突く。

野尻の左ローに対し、蹴り足を掴もうとした奇天烈だったが、これは失敗。しかし野尻のニータップもスプロールする。残り1分30秒過ぎ、野尻の右がヒットして奇天烈がダウン。すぐさま野尻がトップからパンチを落としていく。ケージに背中を着ける奇天烈、野尻は頭をつけて奇天烈の動きを止め、ボディへヒザを打ち込んでいった。

最終回、奇天烈が右カーフを打ち込む。野尻が蹴りを見せるが、奇天烈が距離を詰める。右フックを伸ばす奇天烈、さらにローを細かく繰り出す。サウスポーで右ジャブを突く奇天烈。相手が前に出て来ると左ストレートを合わせるも、野尻が左右のローを放っていく。奇天烈が距離を詰めるとロングフックを放つ野尻。右インローから右フックへつなげる。野尻のパンチをスウェーでかわした奇天烈が、野尻にケージを背負わせるが手が出ない。反対に野尻がローと右フックで奇天烈にケージを背負わせた。

奇天烈は右カーフ。野尻が足を止めたところに奇天烈の右フックがヒット、野尻が一瞬腰を落とした。奇天烈が右カーフと左ジャブ、さらに右ロングフックを当てる。野尻は奇天烈のパンチに合わせてダブルレッグへ、奇天烈に尻もちを着かせた。野尻がケージに背中を着ける奇天烈を押し込み続けたところで試合が終了した。

2Rは明確にノックダウンとテイクダウンを奪った野尻。1Rと3Rは――裁定はジャッジ2人がドローをつけ、マジョリティドローとなった。


PR
PR

関連記事

Movie