この星の格闘技を追いかける

【ONE Empower】初回にアッパーでダウン奪われたリトゥ、魂のクシュティ&パウンドで逆転勝ち

【写真】このアンクルピックから、ファイヤーマンキャリーは見事だった(C)ONE

<女子アトム級(※52.2キロ) ワールドGP準々決勝/5分3R>
リトゥ・フォーガット(インド)
Def.3-0
モン・ボー(中国)

ジャブを伸ばす両者。モン・ボーが左ローを蹴り、リトゥの左ジャブに左ローを続ける。リトゥのシングルレッグは遠く、モン・ボーが切ってパンチを落としながら足を抜く。続くリトゥの踏み込みに、モン・ボーは頭が当たったとアピールして試合が中断する。再開後、また頭から入っていったリトゥは、シングルからバックに回る。モン・ボーが胸を合わせると、いなしたリトゥはヒザを入れ自ら離れる。

モン・ボーは右ストレートを当て、リトゥは続く右にダブルレッグもアンダーフック&スプロールで倒せない。スタンドに戻り、荒い右フックで前に出るリトゥだが、直後にモン・ボーの右を受け、動きが止まるとアッパーからパンチを纏められダウンする。シングルを切り、ヒザを入れ、立ち上がってもエルボーを入れたモン・ボーは、倒れたリトゥからマウント奪い腕十字へ。

腹ばいのまま腕を伸ばされたリトゥだが、腕を抜いてバックに回るとテイクダウンを決めパウンドを落としたところで時間となった。

2R、テイクダウン狙いを切ったモン・ボーが右を当てる。続いてアンクルピックからファイヤーマンキャリーの連係でテイクダウンに成功したリトゥは、腕十字を防いでパスを決める。サイドで抑え、エルボーを連打するリトゥ。モン・ボーがシンブルも、リトゥは譲らずサイドバックからヒザで顔面を狙う。ついに嫌がったモン・ボーが引き込むとボディからパンチをリトゥは連打する。

ハーフに戻されてもエルボー、パンチを続けるリトゥは足を抜いて顔面にヒザを連続で入れ、クルスフィックからパンチを連打する。モン・ボーも腕を抜いて立ち上がり、時間は残り90秒に。距離を取るリトゥは、息を整えているか。モン・ボーもダメージの回復に努める。距離が近づくと、リトゥは右オーバーハンドを入れて、イーブンに持ち直した。

最終回、リトゥのテイクダウン狙いに、モン・ボーの前蹴りが顔面に当たる。後方に倒れたリトゥだが、ガードを取手から立ち上がりシングル、ハイクロッチでテイクダウンを奪う。サイドを取ったリトゥはパンチ、ヒザをワキ腹に蹴り込む。さらにエルボーをワキ腹に連打するリトゥは、ブリッジを潰しヒジを続ける。続いて顔面にヒジ、そしてヒザを入れたリトゥは足を戻させず、ブリッジも許さない。

残り2分、ケージ際に移動したモン・ボーだがスクランブルに持ち込めず、サイドで抑えられた時間を続く。エルボーをワキ腹に落とし続けるリトゥは、ハーフに戻されてからはパンチを顔面に纏め時間を迎えた。

初回にアッパーでダウン奪われたリトゥだが、魂のレスリング=コシュティ&パウンドで反撃──結果、ジャッジは3者ともリトゥを支持。モン・ボーも笑顔を浮かべて、リトゥと抱き合った。


PR
PR

関連記事

Movie