この星の格闘技を追いかける

【Angels FC16】ザッツ・粗削り。ウェルター級王座獲得のコ・ソクヒョンがキム・ジェヨンとチャンプ対決へ

<AFCウェルター級王座決定戦/5分3R>
コ・ソクヒョン(韓国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
キム・ジェヨン(韓国)

チームMADからチーム・スタンガンに移ったコンバットサンボ世界王者のコは、サウスポーの構え。スイッチスタンスのキムが右ストレートを届かせる。さらに右フックにジャブに合わせたキムだが、コは左オーバーハンド、距離を詰めて一瞬の組みから左を打ち込みダウンを奪う。

ハーフからマウントに移行し、ヒザをついて鉄槌、パンチを連打するコに対し、キムは背中を預けて立ち上がる。右腕を差し、小外刈りでテイクダウンを決めたコは、直ぐに立ち上がったキムのキムラ狙いも前方に崩して、腕を支点にパス。キムが立ち上がると、アッパーを打って離れる。キムはオーソに構えるが、コの左ストレートから右を打たれる。

コはクリンチも、キムが体を入れ替えケージに押し込む。ここからキムは仕掛けがなく、レフェリーがブレイク。残り1分、キムは右ハイを2発、左ストレートをかわしてフックを繰り出す。組んだコは、ここもケージに押し込まれ──余裕の表情で時間まで過ごした。

2R、コは右ジャブを伸ばし、キムが左ローからスピニングバックフィスト。ガードしたコの左ハイは空振りになるが、左オーバーハンドから右アッパーで前に出る。ジャブから左ストレートが伸びるコは、左ローを入れると間合いを取り直し、左ストレート。これも空を切ったが、そのまま組んで小外刈りを決める。即マウントを取ったコはパンチを連打し、背中を見せたキムのバックを制す。

亀にキムに右のパンチを連打したコは、立ち上がり際にRNCへ。キムは正対し、引き込むと再びマウントを取られ殴られる。バックから、腕を制してヒザをついて鉄槌を打ちつけるコは、抑え込みがルーズでキムを仕留めきれない。立ち上がって逃げたキムは、コのハイキックをキャッチしてテイクダウンを奪うが、ワキをすくわれバックを許す。パンチを受けながら立ち上がり、正対したキムをコがケージに押し込んだ状態でラウンド終了に。

最終回、左ジャブを伸ばしたキムが、打撃戦のなかでシングルレッグで簡単にテイクダウンを奪われる。コはハーフから肩固めも、自ら解除してパンチを落とす。二重がらみで足を抜かせないキムだが、特に下から仕掛けはない。キムはマウントを取られた直後に腕だけ取らせないよう対応するが、パンチを打たれて背中を見せる。

両足をフックしたコは、上を向いたキムにマウント三角狙いも、ケージキックに組みきれないまま解除して、殴ってもスクランブルを許す。それでもシングルから前方に送ってテイクダウンを決めると、サイドで抑えてパンチを入れたコ。ここも片ヒザをついて、抑えがルーズなため、コはキムを仕留めきれない。

ニアマウントに対し、頭を抱えて防御一辺倒のキムはサバイブには成功したが、時間となりフルマークの判定勝ちでコがAngels FCウェルター級に王者に輝いた。と、新チャンピオンはミドル級王者キム・ジェヨンに挑戦を表明──ケージサイドでマイクを持って座っていたキム・ジェヨンがそれを了承し、チャンプチャンプ対決が決まった。

ポテンシャルは間違いなく高いコ・ソクヒョクが、さらに上を目指すなら抑えと打撃のメカニズムに修正を加えることは不可欠に思われる。


PR
PR

関連記事

Movie