この星の格闘技を追いかける

【PFL2021#02】試合結果 ウェルター級=ロリマク&クーパー3世、LH級ではフェレイラ&ジュニオールが6P

【写真】PFL初戦で快勝したローリー・マクドナルド(C)PFL

4月29日(木・現地時間)ニュージャージー州アトランティックシティのPFLバブルことオーシャン・カジノリゾートでPFL2021#02が開催された。

PFLの2021年シーズン2戦目はウェルター級トライヘビー級の開幕戦。そのウェルター級ではマゴメド・マゴメドケリモフとアレクセイ・クンチェンコという実力派ロシア勢が揃って欠場に。

UFCから転じてきたグレイソン・チバウはインパクトを残せず、ジョアォン・セフェリーノに判定負け。

ローリー・マクドナルドと前回王者レイ・ブラダボーイ・クーパー3世が抜きんでた強さを見せ6P獲得し、試合タイムの差で後者が首位になっている。

ライトヘビー級も出場選手の変更が目立つなか、アントニオ・カーロス・ジュニオールとセザー・フェレイラのブラジル勢が揃ってボーナス3Pを得てトータル6P──ウェルター級と同様に試合タイムが短かったフェレイラがトップに立った。

【ウェルター級ランキング】
1位 6p レイ・クーパー3世
2位 6p ローリー・マクドナルド
3位 3p ジョアォン・セフェリーノ
4位 1p ニコライ・アレクサヒン
5位 1p サディボウ・シ
6位 0p グレイソン・チバウ
7位 0p カーティス・ミランダ―
8位 0p ジェイゾン・ポネ

【ライトヘビー級ランキング】
1位 6p セザー・フェレイラ
2位 6p アントニオ・カーロス・ジュニオール
3位 5p マールシン・ハムレット
4位 3p エミリアーノ・ソルディ
5位 3p ジョーダン・ヤング
6位 0p クリス・カモージ
7位 0p ダン・スポーン
8位 0p トム・ローラー
9位 0p ニック・ローリック
10位 -1p ヴィニー・マガリャエス

PFL2021#02
<ウェルター級/5分3R>
○ローリー・マクドナルド(カナダ)1R3分38秒
RNC
詳細はコチラ
×カーティス・ミランダ―(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○レイ・クーパー3世(米国)レイ・クーパー3世(米国)
詳細はコチラ
×ジェイゾン・ポネ(フランス)
<ウェルター級/5分3R>
○ジョアォン・セフェリーノ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×グレイソン・チバウ(ブラジル)
<ライトヘビー級/5分3R>
○エミリアーノ・ソルディ(アルゼンチン)3R
判定
×クリス・カモージ(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○アントニオ・カーロス・ジュニオール(ブラジル)1R4分43秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×トム・ローラー(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○セザー・フェレイラ(ブラジル)1R0分37秒
TKO
詳細はコチラ
×ニック・ローリック(米国)
<ウェルター級/5分3R>
─サディボウ・シ(スウェーデン)2R1分56秒
NC
詳細はコチラ
─ニコライ・アレクサヒン(ロシア)
<ライトヘビー級/5分3R>
○マールシン・ハムレット(ノルウェー)2R0分52秒
肩固め
詳細はコチラ
×ダン・スポーン(米国)


PR
PR

関連記事

Movie