この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S04 Ep10】シーズン2勝目も最後の1分をサイドで過ごしたルッツが、負傷を明かす

<ライト級/5分3R>
タッカー・ルッツ(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
シェラード・ブラックレッジ(米国)

ルッツが左フックから右ロー、ワンツーで前に出るとブラックレッジが組みつく。ケージに押し込まれたルッツは、押し込み返してダブルレッグを仕掛ける。ブラックレッジは頭部にエルボーを落とし、もう1度態勢を入れ替え右腕を差しあげてテイクダウンを奪う。ルッツはすぐに立ち上がり、押し込み返し両ワキを差す。ブラックレッジはウィザー、小手投げを狙う。

クリンチ合戦中にブラックレッジのヒザがボディを捕えるが、急所と判断されブレイクが掛かる。スタンドで再開となったが、今度はブラックレッジの前蹴りがルッツの急所を直撃、2度目のブレイクが命じられる。リスタート後、ブラックレッジは腹への前蹴りから左ミドルハイ、そして右ローを蹴っていく。ルッツはワンツーをヒットし、一気にダブルレッグでテイクダウンを決める。抱えられた頭を抜いたルッツがマウントに行こう、ブリッジにも背中にしがみつき時間となった。

2R、ローから後ろ回し蹴りのブラックレッジにルッツが左フックを当て、右ローを蹴り込む。スイッチして左ミドルを決めたルッツは、2度目のミドルに組みつかれる。相四つでヒザを入れるブラックレッジだが、小手で投げを狙ったところでボディロックテイクダウンを許し、ルッツがバックで四の字フックを取る。

3分以上時間が載るっているなかルッツは、パンチを入れてRNCを仕掛ける。手首をつかみ、ワキを潜りつつ胸を合わせたブラックレッジのシングルに対し、ルッツはギロチンからスイープ、マウントから極めにかかる。やや窮屈な姿勢で、自ら技を解いたルッツは一瞬居着いたか、ブラックレッジが一気に飛び込んでテイクダウンを決める。ブラックレッジの強引なギロチンは、ルッツに立ち上がる隙を与える。最後の5分を切り、シングルで押し込んでいたルッツがブラックレッジの顔面にヒザを当て時間となった。

最終回、ブラックレッジの蹴りにもワンツーで距離を詰めたルッツは、ヒザ蹴りをキャッチされケージに押し込まれる。体を入れ替えたルッツが、押し込んでアンクルピック。耐えるブラックレッジをハイクロッチ、ダブルに移行してテイクダウンを決める。ブラックレッジのスクランブルにケージ押し込まれたルッツは、また体を入れ替えダブルレッグ&サイドで抑える。

両者揃って今シーズン2戦目、フィニッシュを誓って出場となったルッツだが、ここで抑えに時間をかけてしまう。最後まで抑えてしまったルッツ、ポイントはリードしているのがコンテンダーシリーズの性格を考えると、立たれようが、下にされようが、フィニッシュに通じる動きを見せるべきだったろう。

フルマークの判定勝ちにも笑顔はないルッツは、試合前からワキ腹を負傷しており、2Rに悪化させたことを明かした。


PR
PR

関連記事

Movie