この星の格闘技を追いかける

【Shooto2020#03】黒部が見事なゲームメイクで大島をパウンドアウト、決勝で杉本と対戦

【写真】時間が進むほど、強くなる黒部三奈(C)MMAPLANET

<修斗女子スーパーアトム級王座決定T準決勝/5分3R>
黒部三奈(日本)
Def.3R1分54秒 by TKO
大島沙緒里(日本)

ジャブを突いて右ストレートを狙う黒部。大島も細かくパンチとローを蹴って組み付く。投げでテイクダウンを奪うと、そのままグラウンドをキープしてバックへ。一度は黒部に立ち上がれたものの、すぐさまダブルレッグに入ってテイクダウンする。受け身の展開が続く黒部だが、グラウンドのポジションをキープさせず。試合がスタンドに戻ると、しっかりと距離をとって、大島のタックルを切って首相撲からヒザ蹴り。組みの攻防でも黒部が大島を金網に押し込み、ヒザ蹴りとヒジ打ちを叩き込み、グラウンドでもトップポジションを奪ってラウンドを終える。

2R、黒部は大島のタックルを切って、ジャブからパンチを当てる。大島が強引に距離を詰めると、黒部は首相撲からヒザ蹴り。大島が足をかけてテイクダウンを狙うと、黒部はすぐにダブルレッグに入る。ここからスクランブルの攻防になり、どちらもトップポジションは許さず。両者立ち上がると黒部は首相撲からヒザ蹴り。大島は黒部の後ろについてそのままテイクダウンするが、最終的に黒部が向き直ってハーフガードで上になる。黒部は身体を起こしてヒジを連打。ガードで動く大島をしっかりと抑え込んで殴り続ける。

3R、黒部が大島のタックルを切ってインサイドガードで上になる。上半身を起こして殴り続ける。最後は黒部がマウントからパンチとヒジを落としたところでレフェリーが試合を止めた。

試合後、ケージ上でトーナメント決勝で対戦する黒部と杉本が挨拶。「決勝まで時間があるので、しっかり準備します。狙うのはベルトなので絶対に負けません」(杉本)、「ベルトまであと一個のところまでたどり着きました。私はケージに入るとき生きるか死ぬかのつもりでやっています。ここで死んでもいいやと思ってやっています。杉本さん、その覚悟はありますか?(杉本が『はい』と答えると)分かりました。いい試合をしましょう」(黒部)と意気込みを語った。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie