この星の格闘技を追いかける

【The Fight Must Go On】Must Watch !! 佐伯繁のおススメ、DEEPケージファイト思い出の5番勝負─06─

【写真】この話を聞くと、ビョン・ジェウンの試合が見たくてしょうがなくなる (C)DEEP

全国的に緊急事態宣言が解除され、格闘技ジムの活動再開も伝わってくるなか──それでもMMA大会は中止及び延期が続いています。それでもUFCの活動再開や、国内でも無観客大会が開かれつつあるなか、引き続きThe Fight Must Go Onということで、第42弾はMust Watch!! このスポーツの著名人が、改めて視聴することを薦める試合を紹介したい。

佐伯繁代表がDEEPオフィシャルYouTubeチャンネルにアップされているケージマッチから、「今、まだアップしきれていないけど」思い出の5試合を振り返る──企画だが、「5試合にしぼり切れないんだよう」ということで、今回は第六弾へ。

※ここで紹介する試合は、オフィシャルホームページやオフィシャルYouTubeチャンネルで誰もが無料で視聴できるファイトに限っており、違法でアップされた試合は含まれていません。


佐伯代表が選んだ「今、まだアップしきれていないけど、アップしているなかから思い出の5番」ながら、6試合目は2018年2月24日に行われた元谷友貴✖ビョン・ジェウンの日韓対決だ。

このセレクトは意外にも、佐伯代表のビョン・ジェウンへの想いが詰まった選択理由があった、

佐伯繁のMust Watch 06、元谷✖ビョン・ジェウンの選択理由は以下の通りだ。

佐伯繁
「俺ね、試合だけ見ちゃうと技術的なことはあんまり分からないんだけど(笑)、ビョン・ジェウンってこの前に2016年にフェザー級で戦って今成選手に勝っちゃっているんです。でもそれからケガをしていて、1年半ぶりの試合でバンタム級のウチのトップの元谷君と戦う。

ビョン・ジェウンはもともと寝技の選手なのにガンガン殴り始めて。結構なパンチを振りまわして、元谷も危ない時があった。でも、時間が経つと元谷のパンチが当たり始めて──結果、元谷が勝った。でも戦い続け、パンチを打ち続けた結果、それから4度も顔の手術をするようなダメージを負ってしまったんです。

それだけの怪我をしながら、最後まで戦い切った。凄く記憶に残っている試合です。試合に出られない間も彼は『DEEPのチャンピオンに絶対になります』って連絡をくれていてね。そのビョン・ジェウンが3月のDEEPで復帰戦を戦う予定だったけど、テグでクラスターが起きて入国できなくなってしまいました。時が許せば、またビョン・ジェウンはDEEPで頑張って欲しいです」

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie