この星の格闘技を追いかける

【UFC248】左目が見えなくなったホドウフォだが、サファロフを肩固めで下しオクタゴン2勝目を挙げる

<ミドル級/5分3R>
ホドウフォ・ヴィエイラ(ブラジル)
Def.1R2分58秒by 肩固め
サパルベク・サファロフ(ロシア)

左ジャブを伸ばすサファロフ、ホドウフォも左ジャブをダブルで見せる。サファロフは右ロー、前蹴りを顔面に受けたホドウフォは左目の上を気にするように距離を取り直す。直後にホドウフォがダブルレッグを仕掛けるが、サファロフはスクランブルですぐに立ち上がる。打撃戦無用とばかり、すぐにホドウフォがダブルレッグでケージまでドライブし、リフトアップからテイクダウンを決める。

背中に乗ったホドウフォは、サファロフがグローブを掴むとレフェリーにアピールし注意が入る。さらにケージを掴んだサファロフだが、ホドウフォはバックマウントを完成させる。上を向いたサファロフが頭を抱えてくる動きを利用し、ホドウフォは肩固めをセットアップ。マウントからサイドにスライドさせタップを奪った。

勝利者コールを受ける際には左目の上が大きく腫れあがり、目がふさがっていたホドウフォは「いつ、このダメージを受けたか分からない。左目が見ない状態で、試合を続けたよ。柔術は僕の血、一番強い部分だ。MMAではまだまだ素人だけど肩固めは僕の得意のポジションだし、ずっと練習してきたからね」と話した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie