この星の格闘技を追いかける

【UFN168】序盤は猛攻、息切れから失速の最終回。マシューズがミークの反撃を逃げ切り判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ジェイク・マシューズ(豪州)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
エミル・ミーク(ノルウェー)

鋭い左ジャブを見せるマシューズ、ミークも力強い右ローを蹴っていく。左ミドルを蹴ったミークにダブルレッグを決めたマシューズは、ハーフで抑える。ミークは足を戻して立ち上がりにかかり、パンチを打たれながらスタンドへ戻る。左アッパーで飛び上がるようにマットに崩れたミークは、ハーフで抑えられパンチを打たれる。足を戻し、バタフライガードでエルボーを下から打つミークはクローズガードへ。そのままマシューズがトップをキープした。

2R、ワンツー&ローで前に出るミーク。しかし、右のリードアッパーを被弾しそうになる。マシューズはアッパーからヒザ、そしてダブルレッグを決める。閂からブリッジでリバーサルを狙ったミークを股間で泳がせたマシューズがバックを奪取し両足をフックする。胸を合わせ追うとするミークは、ならないとみると後方へパンチを打っていく。そこに絞めを合わせようといたマシューズは、スクランブルに持ち込まれヒザを突き上げられ、ケージに押し込んでもヒジを連打される。

スピニングバックエルボーから距離を取り直したマシューズが、再びテイクダウンを決める。スクランブルでバックを制したマシューズは、ミークの回転バックヒジを避けたが、疲れは明白で自らのヒザ蹴りで後方に倒れ、パンチを受けそうになりラウンド終了を迎えた。

最終回、「しっかり動け」と父の叱咤を受けたマシューズはローを蹴られ、ケージ際に追い込まれる。マシューズは左ジャブも力がなくなっており、手数も減ってしまっている。ミークはここで待ちの姿勢から左ハイを繰り出す。これをキャッチされるが、足を抜いたミークは力が無くなったマシューズのダブルレッグを切って離れる。

さらにマシューズはアッパーも空振りし、ローを蹴られるなど我慢の時間に。ミークはフックを入れ、テイクダウンを切ると右をヒットさせる。組んでシングルを狙うマシューズに対し、エルボーを連打したミークは、ヒザを入れて離れる。残り1分、首相撲&ヒザ蹴りから右を振るうミークがクリンチでエルボーを入れる。防戦一方のマシューズは最後に跳びヒザにテイクダウンを合わせたが、同時に立ち上がられヒジを貰い試合終了に。

序盤は圧倒したが、失速も激しかったマシューズはジャッジ3者が29-28をつける判定で、勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie