この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC PS03】バンタム級で8人参加変則一夜T=フェニックス・シリーズと世界王座決定戦が同日開催!!

Lisa Verzosa【写真】第5代インヴィクタFCバンタム級王座決定戦に出場するリサ・ヴェルゾサ。過去の同級王者ローレン・マーフィー、トーニャ・エヴィンガー、ヤナ・クニツカヤはUFCと契約し、第4代王者のサラ・マクマンカフマンはPFLに転じている (C) INVICTA FC

7日(金・現地時間)にカンザス州カンザスシティのメモリアル・ホールでInvicta FC39「Frey vs Cummins 2」が開催されるが、次回3月6日のイベントでは8人参加ワンナイト・トーナメントのPhoenix Series 03となることが、5日(水・同)に同プロモーションより発表された。


Phoenix Sunriseという呼び方もなされていた──準々決勝と準決勝が5分✖1Rで、決勝が5✖3Rというトーナメントフォーマットは、これまでストロー級とフライ級で開かれ、前者では優勝したブレアナ・ヴァンビューレンはそのままストロー級王者となり、UFCにステップアップを果たしている。

リサ・ヴェルゾサ(C)INVICTA FC

リサ・ヴェルゾサ(C)INVICTA FC

今回はバンタム級で行われ、同時にメインでインヴィクタで4連勝中のリサ・ヴェルゾサとTUF28出場のリトアニア人ファイター=ユリア・ストレアレンコの間で、現在空位のインヴィクタFC世界バンタム級王座決定戦が行われる。

新王者が誕生する大会でのトーナメント開催は、挑戦者決定トーナメントの意味合いが色濃いということか。そのトーナメント出場選手は、ケニー・ケネエソン(3勝2敗)、ブリトニー・ビクトリア(3勝1敗)、クレア・ガスリー(1勝0敗)、エリン・ハープ(2勝0敗)、テニーシャ・テネット(2勝0敗)、ホープ・チェイス(2勝1敗)、オータムン・ノートン(1勝1敗)、テイラー・ガーダード(0勝0敗)の8人。

出場選手の戦績からも人材育成的な要素が多くなっている一方で、5分1Rの出たとこ勝負的なフォーマットは、どれだけ実力査定になるのか……かなりエイターテイメント志向が強くなってきた同シリーズだ。

■ Invica FC39対戦カード

<Invicta FC世界アトム級選手権試合/5分5R>
[王者]ジン・ユ・フレイ(米国)
[挑戦者] アシュレイ・カミンズ(米国)

<フライ級/5分5R>
パール・ゴンザレス(米国)
ミランダ・マーヴェリック(米国)

<フライ級/5分3R>
シャナ・ヤング(米国)
ダイアナ・トルカト(ブラジル)

<アトム級/5分3R>
アリーシャ・ザッピテーラ(米国)
ケリー・ディアンジェロ(米国)

<フライ級/5分3R>
エリン・ブランクフィールド(米国)
ヴィクトリア・レオナルド(米国)

<アトム級/5分3R>
ジュリアン・ディコージー(米国)
リンダ・ミハレック(米国)

<バンタム級/5分3R>
クリスティーナ・ペティグリュー(米国)
モニカ・フランコ(米国)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie