この星の格闘技を追いかける

【Bellator228】AJ・アガザーム、テイクダウン&コントロール&バック奪取でキロスを下し2勝目挙げる

<ライト級/5分3R>
AJ・アガザーム(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ジョナタン・キロス(メキシコ)

距離を取るAJに対し、キロスが鋭いワンツーを放つ。パンチが見えている風でもないAJは、続くシングルを切られる。左の前蹴りを入れたAJが、ダブルレッグを決めてトップを奪取する。立たせないようハーフでケージに押し込むAJだが、その金網を利してキロスがスタンドへ。低い姿勢からミドルを入れ、ワンツーを決めたAJだが、直後に右フックを被弾する。距離を取り直したAJはローを蹴られ、構えを変える。すぐにサウスポーに戻し、左ミドルを見せたAJがここでも左フックを打たれる。

蹴りに右を合わされ、組みを切られたAJはアッパーから左右のフックを纏められ飛びヒザを受けそうになる。果敢にMMA、そして打撃にもチャレンジするAJだが、その打撃の使い方に工夫が必要と感じられる初回が終わった。

2R、AJは左ミドルで前に出ると、キロスがローで反撃。蹴られながらシングルに出たAJだが、ここもテイクダウンは奪えない。キロスも体重が浮いたようなパンチを見せ、ついにはダブルレッグで尻もちをつきバックを許す。両足をフックしたAJはアゴの上からRNCへ。ここはキロスも防御するが、勢いのあるパンチを入れたAJが、左腕を入れ直す。アゴの上からプレッシャーを掛けるが、極め切れないとブレイクでスタンドに戻されたAJはシングルレッグからアンクルピック、再びバックを制すとパンチを入れて最終回を迎えることとなった。

3R、ダブルレッグを切られたAJは左を当て、キロスが左から右を返す。さらに左フックをヒットさせたキロスに対し、パンチの届く距離からテイクダウンを決めたAJがニーインベリーへ。ヒザをボディに入れ、首を抱えてボディにヒザを続けるAJ。削られたキロスは立ち上がることができず、ケージを背負って座るような状態が続く。残り1分強で立ち上がったキロスは、距離を取ったAJに右ローを決める。AJはダブルレッグからアンクルピック、バックに回り両足をフックしRNCへ。アゴを押して逃れたキロスだがバックを譲ったままタイムアップを迎え、AJが3-0の判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie