この星の格闘技を追いかける

【PFL2019#06】組み負けた──3‐0の判定でロショルトに下った石井慧、シード8でプレーオフ進出

<ヘビー級/5分3R>
ジャレッド・ロショルト(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
石井慧(クロアチア)

左ジャブで間合いを測るロショルトが右ミドル。石井が左ローを返し、左ストレートを当てる。ロショルトの右ストレートをかわした石井は左を伸ばし、前に出る。クリンチから離れた両者、石井が左ローを入れ、ロショルトの前進に右を合わせていく。石井の左をかわして組んだロショルトがヒザをボディ入れて離れる。その後もクリンチでヒザを見せるロショルトに対し、石井は組んでケージに押し込む。左を差し返し、回りながらヒザを突き刺すロショルトが、ヒザ&ダーティーボクシングを見せダブルレッグへ。尻もちをついた石井のバックに回ったロショルト。石井は胸を合わせて離れる。右のカウンター、左ミドルを蹴った石井が組んでロショルトをケージに押し込んだ状態で初回が終わり、ロショルトがリードした。

2R開始直後にシングルレッグでテイクダウンからバックに回ったロショルト。石井は胸を合わせ、ケージを背負う。離れたロショルトに組んだ石井の大外刈りは決まらず、間合を取られる。左を入れた石井に右ミドルを蹴ったロショルトは、組まれてケージを背負う。石井は押し返されて離れると、シングルのフェイクに組んで大内刈りで尻もちをつかせパンチを打っていく。ウィザードから立ったロショルトに距離を取り直した石井が、左ボディストレートを入れ、左ミドルへ。やや息が荒くなった石井は右からアッパーを被弾しそうになる。パンチを返し押し込んだ石井だが、ロショルトが腕を差してバックへ。胸を合わせた石井はシングルレッグで倒され、バックコントロールを許した状態が続く。

カレッジレスリングで攻めるロショルトが、ボディコントロール&パンチを続ける。石井は立ち上がり胸を合わせるも、ベルが鳴ると同時にパンチを放つも、ケージに押し込まれたままラウンド終了を迎え、この回は取り返したか。

最終回、ロショルトの右ミドルに右フックを合わせた石井が左ハイから組んで離れる。さらに左を当てた石井は首を取り合い、アッパーを打ち合う。離れた石井は組まれ際に大外刈りでロショルトのバランスを崩し、互いにダーティーボクシングでアッパーを見せる。石井のヒザ蹴りで離れたロショルトが、左ミドルを受けてダブルレッグへ。切った石井は右フックを打ち、首の取り合いでは譲らなかったがケージに押し込まれる。

シングルレッグを切った石井。ここで一つ何か欲しかったが、そのままロショルトが立ち上がってケージに詰める。石井はダブルを切って離れると、左を当てる。右を打ってクリンチアッパーに持ち込むロショルト。石井もアッパーとヒザを返す。残り30秒、離れてクリンチという展開から最後にロショルトが右、石井が左を当ててクリンチへ。ここでタイムアップに。

テイクダウンではバックに回ったロショルトがリードしたが、離れた位置での打撃は石井が攻勢だった。終盤のクリンチと細かい打撃をどのようにジャッジが判断するか──。

結果、石井は0-3で敗れたが盟友アンテ・デリアが今大会を欠場したため8位に入り、辛くもプレーオフ進出を決める。そして──準々決勝の相手はシード1=恐るべき強さを見せているデニス・ゴルソフに決まった。


PR
PR

関連記事

r t One02

Movie