この星の格闘技を追いかける

【UFC106】公開計量終了、ティトの右目に大きな傷あり

2009.11.21

(C) MMAPLANET明日21日に開催が迫ったUFC106「ORTIZ vs GRIFFIN 2」。その公開計量が、20日に会場のマンダレイ・イベントセンターで行なわれ、日本から出場する宇野薫は規定内の0.5ポンドオーバーでパス。メインのフォレスト・グリフィンはリミット丁度、ティト・オーティズは1ポンド・アンダーの204ポンドで無事、計量を終えた。

【写真】左目の上が大きく腫れあがっているティト・オーティズ。試合に影響のない傷とは思えないが…… (C) MMAPLANET

計量は問題なかったティトだが、スケールに乗る直前にサングラスを外した瞬間、メディア、そしてファンが一瞬、息を飲んだ。右目の周囲がドス黒く腫れあがり、特に瞼はタンコブのように大きく腫れあがったままだ。

関係者の話によると、練習中に頭がぶつかりできた傷らしいが、これだけの大きな傷が試合に影響しないわけがない。コンディションが心配なティトは「UFCが最初にラスベガスでイベントを開いたときのメインを務めた(※UFC33/2001年9月28日ウラジミール・マティシェンコ戦)。ベガスはホームのようなもの」と語るが、グリフィンこそ、ラスベガス在住の御当地ファイターだ。


Ortiz x Griffin(C) MMAPLANET【写真】ガラスの心臓=ティトと、ガラスのアゴを持つグリフィン。一発が当てれば決着がつく、エキサイティングな試合になるかも可能性も…… (C) MMAPLANET

この両者は06年4月に対戦し、ティトが判定勝ちをしたものの真の勝者はグリフィンという指摘も少なくなかった。その後、ティトはケン・シャムロックとのグラッジ路線で勝利を重ねたものの、チャック・リデルにTKO負け、ラシャド・エヴァンスとドロー、リョート・マチダに判定負けを喫し、UFCを離れている。

この間、グリフィンは御存知のようにランペイジ・ジャクソンを破りUFC世界ライトヘビー級王座に就くも、昨年末にエヴァンスに敗退、今年の8月にはアンデウソン・シウバにも敗れ、2連敗中だ。

腰の手術をし、かつてない調子の良さと宣言するティトは、近年著しくレベルアップをしているMMAに関して、「俺は減点をされてラシャドとドローだった。リョートには判定負けだったけど、奴は逃げてばかりだった。全く問題ない」と、1年半以上前の試合を引き合いに出して、自分が今もトップレベルにあることを強調した。

ただし、威勢のよい言葉とは裏腹に危ないシーンになると、一気に戦意がしぼむティトが、試合前に既に大きく目の上を腫らしているのは、ディスアドバンテージ以外の何モノでもないのも事実。そんなティトに対し、グリフィンは公開計量という公衆の面前で「多くの観客の前で、昔の男と戦えて嬉しい」と一言を残し、ステージを下りている。

ただし、グリフィンも過去2試合連続のKO負けで、アゴの弱さが指摘されており、ガラスのアゴ×ガラスの心臓対決は、一発が当たると、どちらのガラスが割れるのか――という点でも注目されている。

(C) MMAPLANET【写真】厳しい表情をスケールの上で見せた宇野薫だったが、大切な試合を控え、すぐに平常心を取り戻していた (C) MMAPLANET

なお、順調に計量を終えた宇野薫は、計量後にマンダレイベイ・ホテルの売店でクリスピー・ドーナツを買い、しばし心と体の休息に入った。


■UFC106計量結果は下記の通り

<ライトヘビー級/5分3R>
フォレスト・グリフィン:205ポンド(92.9キロ)
ティト・オーティズ:204ポンド(92.5キ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョシュ・コスチェック:171ポンド(77.5キロ)
アンソニー・ジョンソン:170ポンド(77.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アミール・サダロー:170ポンド(77.1キロ)
フィル・バローニ:170ポンド(77.1キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ルイス・カーン:205ポンド(92.9キロ)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ:205ポンド(92.9キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ベン・サンダース:170ポンド(77.1キロ)
マーカス・デイビス:170ポンド(77.1キロ)

<ミドル級/5分3R>
ケンドール・グローブ:186ポンド(84.3キロ)
ジェイク・ロショルト:185.5ポンド(84.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
パウロ・チアゴ:169ポンド(76.7キロ)
ジェイコブ・ヴォルクマン:170ポンド(77.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ブロック・ラーソン:171ポンド(77.5キロ)
ブライアン・フォスター:171ポンド(77.5キロ)

<ライト級/5分3R>
宇野薫:155.5ポンド(70.5キロ)
ファブリシオ・カモエス:155.5ポンド(70.5キロ)

<ライト級/5分3R>
ジェイソン・デント:155ポンド(70.3キロ)
ジョージ・ソティロパロス:155ポンド(70.3キロ)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie