この星の格闘技を追いかける

【DEEP89】古瀬美月、2Rまで動きに動き、最終回は失速も──逃げ切って樋田智子から判定勝利

<49キロ契約/5分3R>
古瀬美月(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
樋田智子(日本)

サウスポーに構えた古瀬が左ロー、樋田が右を当てに行く。右ジャブを続ける古瀬が左ミドルから、左ロー。さらに左ストレートを伸ばした古瀬は、ダブルレッグで一気にテイクダウンを奪う。クローズドガードの樋口に対し、ガードが割れるとスタンドに戻った古瀬はローブローでブレイクを要求する。

再開後、樋田が右ローを入れるも、古瀬はワンツーから左ハイを繰り出す。ローの蹴り合いから、スイッチを織り交ぜて左ストレートを伸ばす古瀬がボディに拳を伸ばし、左ハイ、オーソから右ストレートとフックを放つ。樋田も左ジャブを伸ばすも、古瀬がシングルレッグから腰を抱えてテイクダウンに成功する。残り50秒あったが、古瀬は抱えられた頭を抜くのに手間取り、そのまま初回が終了となった。

2R、古瀬の左にワンツーを放つ樋田。スーパーマンパンチを繰り出した古瀬が、左インローで前足を削っていく。続くダブルレッグでテイクダウンし、今回はすぐにパスしてギロチンの抱えを無効化する。ハーフに戻した樋田は、頭を抜かれてパンチを打たれる。残り半分、左手で樋田の左手を制して右の細かいパンチを落とす古瀬だが、足はなかなか抜くことができない。上体を起こした古瀬はスタンドに戻る。樋田はローを続け、古瀬が左ハイ、さらにカカト落としを見せてタイムアップに。

最終回、樋田が右の前蹴りを入れる。古瀬はスピニングバックキックと、要所で大技を織り交ぜる。オーソで左ジャブから組んでボディロック、小外掛けでテイクダウンを奪う。自らスタンドに戻った古瀬は、続くテイクダウン狙いを凌がれ、右ストレートを打たれる。樋田が圧力を強め、動きが落ちた古瀬に右ストレート、古瀬は左を伸ばして組みに行くが、切られるとケージに下がってしまう。

パンチを出すが、体が揺れテイクダウンも決まらない古瀬は後ろ回し蹴りをキャッチされ首相撲に移行する。自ら離れた古瀬はワンツー、右ストレートを被弾する。直後にボディロック&小外掛けてテイクダウンを決めた古瀬が、一旦試合を落ち着かせる。ハーフで左右のパンチ、左ヒジを入れて古瀬は、蹴り上げでスタンドに。樋田の立ち上がり際にラッシュを掛けた古瀬に、樋田は右ミドル。最後は激しい打ち合いのなかで右ミドルを再び樋田が入れる。ここで試合終了を迎え、古瀬はマットにしゃがみ込んでしまった。自らの蹴りで左足を負傷した感もある古瀬だったが、ジャッジ3者が29-28をつけ、古瀬が判定勝ちを手にした。古瀬が流した涙は、悔し涙か。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie