この星の格闘技を追いかける

【Shooto 30th Anniv.】アギー・サルダリに組み負け、世界フェザー級王者・斎藤裕が判定負け

<フェザー級/5分3R>
アギー・サルダリ(オランダ)
Def.2-0:29-28,29-28.29-29
斎藤裕(日本)

構えを変えるサルダリが鋭い左ハイを繰り出す。ローをキャッチして、右のパンチを入れた斎藤がそのままテイクダウンに持ち込む。ハーフで抑えた斎藤にサルダリがヒール狙いからスクランブルへ。ケージに押し込まれた斎藤は体を入れ替えて、倒しにいくもサルダリがバックを伺う。すぐに立って胸を合わせた斎藤だが、右目尻をカットし流血している。

押し返して離れた斎藤だが、ここでドクターチェックが入る。再開後、斎藤が右ミドルから組みつき、胸を合わせた状態のボディロックから支えつり込み足でテイクダウンを奪う。ここでもサルダリはスクランブルに持ち込み、ケージに斎藤を押し込む。サルダリのヒザ蹴りが急所に入り、試合が中断──再開後、すぐに初回が終わった。

2R、左ローを入れて前に出る斎藤が圧を高めて組んでいくが、サルダリが押し込み返す。上半身をいなして、倒しにかかった斎藤がバランスを崩したサルダリに右を当てワンツーを打ち込む。サルダリはここで渾身のボディロック、斎藤はギロチンから下を選択した。頭を抜いたサルダリがトップを取り、斎藤はケージを背に立ち上がろうとするが、腰をコントロールされ思うように立てない。背中を預け斎藤は、組み伏され我慢の時間が続く。厳しい態勢でギロチンを狙う斎藤だが、これはあまりにも窮屈。斎藤は下のまま2Rを戦い終えた。

最終回、左ジャブを伸ばすサルダリ、続いて左ローを蹴る。前に出てパンチを振るう斎藤にダブルレッグを仕掛けたサルダリが、尻もちをつかせる。スクランブルで背中を取ったサルダリは胸を合わせた斎藤に組み勝ち、尻もちをつかせる。斎藤のギロチンはここでも防がれ、徹底して抑え込んでくるサルダリを下から殴る。

残り2分20秒、ケージを背にした斎藤だがスタンドに戻れない状態が続く。蹴り上げからついに立ち上がった斎藤だったが、左フックにダブルレッグを合わさられてまたも尻もちをつかされる。斎藤は立っては倒され展開が続き、ケージに押し込まれエルボーを放つ。そのまま下の状態でタイムアップを迎えた斎藤は0-2で判定負けを喫した。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie