この星の格闘技を追いかける

【ACA95】体重オーバーのシウバに苦戦も、エブロエフがスプリット判定勝ちしACAフライ級王者に

<ACAフライ級王座決定戦/5分5R>
ユノス・エブロエフ(ロシア)
Def. Split Decision
ジョジエウ・シウバ(ブラジル)

シウバの計量失敗で、WFCAフライ級王者エブロエフが勝った場合のみ王者となる変則フライ級王座決定戦。前足のハイキックを見せたエブロエフが、シングルレッグでシウバをケージに押し込みテイクダウンに成功する。スクランブルでバックに回ったエブロエフ、一旦背中に飛び乗るも自ら着地して、もう一度後方に崩していく。すぐに立ち上がったエブロエフはバックを制したままで、左ひざを顔面に狙う。

シウバはグリップにエルボーを打つぐらいしか動きがなく、胸を合わせた直後にダブルレッグから担がれてテイクダウンを許す。シウバの三角狙いを潰したエブロエフがガードの中に収まる状態が続く。エブロエフが右の鉄槌をまとめるシーンもあったが、シウバも巴十字を仕掛けるなど、この局面は寝技でも押されることはなかった。

2R開始直後にシングルレッグを切りきれずガードを強いられたシウバが下になる展開が続く。左腕を差して立ち上がるまで2分を要したシウバだったが、金網に押し込んだエブロエフのヒザ蹴りを急所に受けて試合が一時中断する。再開後、シウバが左ミドルを入れ手数の少ないエブロエフに対して、左右のフック、さらに左フックをヒットする。エブロエフは遠い距離からのテイクダウンを切られるなど、厳しい終盤だった。

3R、2度に渡りシングルレッグを切られたエブロエフは、ダブルレッグからシウバが抱え上げに掛るが、体を跨がれるように防がれる。テイクダウン狙いから引き込み、一度はスタンドに戻ったエブロエフだったが、続く引き込みにマウントを奪われる。ケージキックで逃れようとしたエブロエフの背中に回ったシウバが、バックマウントを完成させる。ネックロック気味のRNCからパンチを入れたシウバは、エブロエフに胸を合わされてもアームロックをとり、立ち上がる。再びエブロエフの組みを潰すなど、完全にシウバのラウンドとなった。

4R、鋭いローを蹴ったシウバだが、エブロエフがシングルから腰をコントロールしてトップを奪取する。バタフライスイープに、エブロエフが半分は自ら背中をつける形でリバーサルを許してしまう。三角を担いだシウバ、エブロエフはクローズドで固めるという選択をする。腕十字を防いだシウバが、ガードのなかで細かいパンチを落としトップキープが続く。フックガードから蹴り上げを見せたエブロエフは、結局ガードを強いられたままラウンド終了となった。

最終回、様子見の打撃戦からテイクダウンを決めたエブロエフ。スイープ狙いで隙を作ったシウバは立ち上がる。エブロエフは下を選択しヒールも、シウバが防いでガードの中に収まる。マウント狙いからバックを取ったシウバ、エブロエフも反転しシングルでリバーサルを狙う。シウバは背中を譲って立ち上がるも、バックマウントを奪われる。最後はマウントに移行したエブロエフが、スプリット判定勝ちを収め新ACAフライ級王者に輝いた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie