この星の格闘技を追いかける

【UFC213】計量終了 冷静なオルテガに対し、興奮状態のホロウェイ。ストロー級のヨアナはややふっくら

7日(金・現地時間)、8日(土・同)にカナダはトロントのスコシアバンク・アリーナで開催されるUFC213「Holloway vs Ortega」の計量が行われた。


今大会のメイン=UFC世界フェザー級選手権試合で戦うマックス・ホロウェイとブライアン・オルテガを始め、13試合に出場する26人の選手全員が計量をパス。先週の豪州大会に続き、2週連続で体重オーバーをするファイターが出なかった。

そのメインで対戦する両者は、フェイスオフ後も互いに視線を送ったまま距離を取る。チャレンジャーのオルテガは「UFCでも珍しい若いマザーフ〇ッカー同士の世界戦だ。明日は良い試合をする。皆、ずっと待っていてくれたけど、いよいよその時が来たんだ」と、これまでの日々を思い出すかのようにゆっくりと言葉を発した。対して王者ホロウェイは「恵身を授かるのは1人。T-Cityを止める。そのために俺はここに来た。やるぞぉ」と絶叫、興奮し目が血走っていた。

セミに組まれたUFC世界女子フライ級王座決定戦。9月に前UFC女子フライ級王者ニコ・モンターニョに挑戦予定だったヴァレンチーナ・シェフチェンコは、そのモンターニョが計量前夜に体調不良で試合がキャンセルされ、そのままベルト剥奪となり空位となった王座を前世界女子ストロー級王者ヨアナ・イェンジェチックと争うこととなった。

どう考えてもモンターニョより手強いイェンジェチックだが、フライ級というウェイトでこれまで通りの強さを見せることができるのか。また組んでくる相手には凶悪なまでの打撃の強さを見せていたイェンジェチックとはいえ、ストライカーとは競り合いが多くなっていたのも事実。そして、打撃競技での実績でシェフチェンコはイェンジェチックの上をいく。現にシェフチェンコは打撃戦において、ボクシング界の女王というべきホーリー・ホルムに対してもアドバンテージを持っていた。

ファンとの記念撮影に応じ、笑顔で登壇したイェンジェチックはパブ計量時としても、ストロー級時代よりも肉付きの良い体形をしており、シェフチェンコとは絞り具合の違いは明確に見て取られた。

そして珍しくフェイスオフで笑顔を見せたイェンジェチックは、「凄くホットよ。減量が大変だったけど、今回は凄く自分が力強く感じられる。パワーもあるし、最高の調子。この試合は歴史を創るために契約したの。明日の夜、それを証明する」と話し、シェフチェンコは「力が漲っているし、凄くパワフル。スピードだってある。明日、私を止められるモノは何もない。私がベストになる。明日は私の夜よ」と自信に充ち溢れた表情で語った。

■ UFC231計量結果

<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]マックス・ホロウェイ: 144.5ポンド(65.54キロ)
[挑戦者]ブライアン・オルテガ: 144.75ポンド(65.65キロ)

<UFC女子フライ級王座決定戦/5分5R>
ヨアナ・イェンジェチック: 123.75ポンド(56.13キロ)
ヴァレンチーナ・シェフチェンコ: 123.5ポンド(56.01キロ)

<ウェルター級/5分3R>
アレックス・オリヴェイラ: 171ポンド(77.56キロ)
グンナー・ネルソン: 170.25ポンド(77.22キロ)

<フェザー級/5分3R>
ハキーム・ドワード: 145.75ポンド(66.11キロ)
カイル・ボクニアク: 145ポンド(65.77キロ)

<ライトヘビー級/5分3R>
ジミ・マヌワ: 204.75ポンド(92.87キロ)
チアゴ・マヘタ: 205.75ポンド(93.32キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
クラウジア・ガデーリャ: 115.5ポンド(52.38キロ)
ニナ・アンサロフ: 115.25ポンド(52.27キロ)

<ライト級/5分3R>
オリヴィエ・オバメルシエ: 155.75ポンド(70.64キロ)
ジルベウト・ドゥリーニョ・バーンズ: 155.75ポンド(70.64キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ケイトリン・チューケイギアン: 125.75ポンド(57.03キロ)
ジェシカ・アイ: 126ポンド(57.15キロ)

<ミドル級/5分3R>
アライアス・セオドロ: 184.5ポンド(83.68キロ)
アリク・アンダース: 186ポンド(84.37キロ)

<バンタム級/5分3R>
ブラッド・カトーナ: 135.5ポンド(61.46キロ)
マチュー・ロペス: 135.5ポンド(61.46キロ)

<ウェルター級/5分3R>
チャド・ラプリーズ: 171ポンド(77.56キロ)
ディエゴ・リマ: 170.25ポンド(77.22キロ)

<ライト級/5分3R>
カーロス・ディエゴ・フェレイラ: 155.75ポンド(70.64キロ)
カイル・ネルソン: 155.5ポンド(70.53キロ)

<ライト級/5分3R>
デビン・クラーク: 205ポンド(92.99キロ)
アレクサンダル・ラキッチ: 206ポンド(93.44キロ)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday