この星の格闘技を追いかける

【UFC230】またも体重オーバーのファイターが勝利。ロクサンがユーバンクスに敗れる……

<127.2ポンド契約/5分3R>
シジャラー・ユーバンクス(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
ロクサン・モダフェリ(米国)

左ジャブを伸ばして右に繋げるロクサンに対し、ユーバンクスも左ジャブや右ボディフックを振るっていく。フックで前に出るユーバンクスが右ロー、やはりパワーでロクサンを上回るか。ロクサンは右に回りながら右を当て、追撃に出るとユーバンクスがシングルレッグでテイクダウンに成功する。ケージを蹴りながら腰を切る素振も見せるロクサンは、ガードからパンチ、ユーバンクスが立ち上がると蹴り上げ、さらにシングルを狙って立ち上がる。

ユーバンクスはボディロックで再びテイクダウンを決めると、腕十字狙いのロクサンにパンチ、鉄槌を落としていく。ロクサンはクローズドガード、オープンでは右足を左ヒザに当てて距離を取ろうとする。これを潰したユーバンクスが立ち上がって鉄槌という荒っぽい攻撃を続け初回を取った。

2R、ワンツーで前に出るロクサンに対し、ユーバンクスは右アッパーからフックを振るっていく。ロクサンも右を当て返し前に出ると、接近戦でも打ち負けず打撃戦を繰り広げる。パンチを被弾しても前に出るロクサンだったが、右ハイを受けて動きが止まる。そこに追撃を受け後方に崩れたロクサンは、寝技でスイープを狙うもユーバンクスはスタンドに戻る。

組んでいったロクサンにヒザを突き上げたユーバンクスは、両ワキを差してテイクダウンを許さない。ロクサンはそれでも内股を決めてトップを取ると、ハーフで抑えてパンチを落としていく。ヒザを押してマウント狙いのロクサン、ユーバンクスは腰を押してキムラを仕掛ける。そのままスイープを狙ったユーバンクスだが、腕を抜いたロクサンは担ぎパスへ、まだまだ逆転の芽があることを示してラウンド終了を迎えた。

最終回、左右のフックを振るうユーバンクスは、引き続きジャブから右を当てる。ロクサンも右を打ち返し前に出て、右ストレートをヒットさせる。ユーバンクスのパンチの弾幕を突き破るロクサンは、テイクダウン狙いを切られるも右フックを当てて前に出る。そのロクサンの前進に右を合わせたユーバンクスは、ストレートの相打ちで打ち勝つも、ロクサンが右フックを打ち返す。

ユーバンクスは両ワキを差してテイクダウンを奪うと、ハーフで抑える。必死に足を戻したロクサンはスイープを果敢に仕掛け、頭を押して立ちに行く。潰したユーバンクスは左のパンチを打ち、ロクサンが背中を譲る。後方からパンチを受けながら立ち上がったロクサンだが、足を掛けてテイクダウンを狙うもそのままユーバンクスに押し切られる形で試合終了を迎えた。

フルマークで勝利した体重オーバーのユーバンクスに、ファンはブーイングを送る。そんなか、勝者は「この試合に向け体重を落とす最大の努力をした。でも、まぁ女性だから色々ある…………」と言葉を濁し、謝罪の言葉はなかった。仮にそれが生理を指すのであれば、そして生理を理由に体重を落とせないのであれば、彼女は体重を落とすファイターと同一線上にはいない。絶対的に階級を上げるべきだ。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY