この星の格闘技を追いかける

【Shooto/180923】リオン武が現・環太平洋王者TOMAを完封。2年ぶりの勝利を飾る

<フェザー級/5分3R>
リオン武(日本)
Def.3-0 : 30-27,30-27,29-28
TOMA(日本)

試合開始から見合うなか、リオンが放った右ハイをTOMAがスウェーでかわす。再び見合いながら、リオンは右ミドルと右ストレート、TOMAも距離を詰めていく。フェイントを繰り返しながら、右ミドルハイを繰り出すリオン。TOMAも右ローを返すが、互いに手数は少ない。

1R残り1分半を切ったところで、リオンが組み付き、TOMAをケージに押し込む。四つ組みからヒザを打ちあう両者だったが、リオンが外掛けでテイクダウンに成功。ハーフガードのTOMAにパンチを落としていった。

2R、距離を詰めていったのはTOMA。しかしリオンに対して攻め込むことができない。足払いを狙っていったリオン。さらに組んでテイクダウンを狙ったところで、TOMAはリオンの足を取ってヒザ十字を狙う。足を抜いたリオンがトップを奪おうとすると、TOMAも起き上がってスタンドに戻る。

再開後、互いにフェイントをかけながら、リオンは右ハイ、TOMAは左ハイを繰り出す。TOMAはリオンの足払いは完全にディフェンス。リオンは右ミドルハイからの右ボディストレート。TOMAは組んでからリオンをケージに押し込む。TOMAは離れて、リオンとの距離を保つ。ここでリオンがTOMAをケージに押し込み、TOMAが体勢を入れ替えたところで逆に外掛けでテイクダウンを奪い、パンチを当てていった。

最終R、リオンがフェイントをかけると、TOMAは構わず右ミドル。リオンは足を使いつつ、TOMAが前に出てきたところで組み付く。TOMAの左ハイをかいくぐったリオンが、そのまま押し倒してトップへ。TOMAはハーフガード。リオンはTOMAの頭を押さえ、しっかり抑え込もうとする。フルガードに戻し、相手を抱え込むTOMAを、リオンはケージに押し込む。

バタフライガードからリオンの左足を取りにいったTOMA。リオンは立ち上がってディフェンス、足を抜いてグラウンドに戻る。その瞬間、カウンターで三角絞めを狙ったTOMA。リオンは頭を抜き、TOMAをケージに押し込み、マウントからバックマウントへ移行し、パンチの連打を浴びせる。そしてバックに回って首に手をかけたところで、試合終了のブザーが鳴った。

判定はジャッジ2人がフルマークでリオンを支持。もう1人も29-28をつけ、3-0でリオンが勝利した。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

大会予定(現地時間)

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday