この星の格闘技を追いかける

【UFN136】チアゴ・アウベスに辛勝、キャリア19勝0敗としたクンチェンコがカウボーイ戦をPR

<ウェルター級/5分3R>
アレクセイ・クンチェンコ(ロシア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
チアゴ・アウベス(ブラジル)

アウベスがまず左ロー、さらにワンツーを伸ばすとクンチェンコが距離を取る。クンチェンコも飛び込んでミドルを当てる。アウベスの左ミドルをブロックしたクンチェンコ、間合いの取り合いが続く。互いに蹴りは見せるが、パンチが少ないなかクンチェンコが右を届かせる。ワンツーで前に出るクンチェンコが右ロー、アウベスがしっかりとチェックする。そのアウベスがワンツー、ガードしたクンチェンコはジャブから右ボディストレートを繰り出す。前に出て右ローを入れたアウベスは右の前蹴り。距離を詰めたクンチェンコが、アウベスの左に右を合わせていく。

さらにアウベスが出て来るところで右を当てたクンチェンコは、ミドルを蹴られハイをブロックしたところで初回が終わった。

2R、右ボディを当てローを蹴ったクンチェンコ、アウベスは左フックから重い右ローを蹴り込む。クンチェンコは右を当てると、アウベスも右を打ち返す。サウスポーにスイッチしたクンチェンコに、右スイッチハイを見せたアウベスは、さらに右ハイを繰り出す。クンチェンコの左フックにローを入れたアウベスは、周りながら右ミドル、そして右ストレートを放つ。

ローでバランスを崩すこともあるクンチェンコは、右ローで体が一回転し直後に左ミドルを蹴られる。アウベスはその後も左フックを当てるなど、この回を取った。

最終回、右ロー、左ミドルを見せるアウベス。クンチェンコは右ローからパンチに移行するが、左ミドルを蹴られる。ワンツーを見せるクンチェンコだが肩に力が入っており、あまり伸びが感じられない。接近戦で優位に立ちたいクンチェンコに対し、アウベスはサークリングを駆使しローを着実に入れていく。

アウベスの急所蹴りで試合が止まり、すぐに再開される。残り試合時間は2分を切っており、互いに距離が詰まり手数も増えるなか、クンチェンコが蹴り足を掴んでパンチを入れるとアウベスが後方に倒れる。さらにケージに押し込まれテイクダウンを許すと、立ち上がったところでクンチェンコがアッパー、さらにワンツーのコンビネーション、さらに右ストレート、左ボディフックを決める。

クンチェンコがスピニングバックフィストを2発見せ、スタンディング・ウォーはタイムアップとなった。結果、3-0でクンチェンコが勝利しデビュー以来の練習を19に伸ばしドナルド・セラーニ戦を要求した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY