この星の格闘技を追いかける

【UFN136】最後は組み勝った?? ハビロフがケイジャン・ジョンソンにスプリット判定勝利

<ライト級/5分3R>
ルスタン・ハビロフ(ロシア)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ケイジャン・ジョンソン(カナダ)

右から左を振るうハビロフに、ジョンソンがテンカオを狙う。右を当てたジョンソンは、前蹴りやサイドキックではハビロフをつき離そうとする。ハビロフは右ボディ、一旦離れたハビロフに対し、ジョンソンはサイドの関節蹴りを繰り出す。右フックで前に出たハビロフにローを当てて離れるジョンソンは、蹴りで距離をキープする。それでも前に出て左フックをヒットさせたハビロフが、右ボディストレートを決める。ケージの前を回るジョンソンが左ジャブ、続いて右ストレートを届かせる。ハビロフのテイクダウン狙いも距離を取ってかわしたジョンソンはジャブをトリプルで見せ、最後に左ハイで顔面を蹴っていった。

2R、左ジャブに右フックを合わせたハビロフは、前に出るも左ミドルを受ける。続くテイクダウン狙いも距離を取ったジョンソンだったが、ついにパンチの連打を被弾する。さらにシングルで足を取った状態でパンチを打ち込んだハビロフがダブルレッグでジョンソンを押し込む。ハイクロッチから足を払ってテイクダウンしたハビロフだが、ジョンソンは腕を取ったまま50/50へ。三角絞め、腕十字と果敢に仕掛ける見せるジョンソンは、担がれそうになるクローズドガードを取る。ジョンソンが腰を切ると、腕を抜いていくハビロフはエルボーを入れ、蹴り上げに立ち上がったところでラウンド終了を迎えた。

3R、ハビロフが左フックを当てると、ジョンソンも右フックを返す。基本、周りながら戦うジョンソンは右を届かせ、テイクダウンに来たハビロフにヒザ蹴りを当てる。一旦離れたハビロフは、続くダブルレッグにもヒザを合わされながらもテイクダウンを決める。すぐに起き上がった両者が打撃戦から、動きが少なくなってくると残り70秒でハビロフがテイクダウンを決める。

ジョンソンの三角絞めを胸を張って防いだジョンソンは、続く三角狙いは担いでいく。ジョンソンは最後に足関節を狙ったが、朝護にタイムアップに。判断の難しい接戦、結果はスプリットでハビロフに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY