この星の格闘技を追いかける

【UFC228】マゴメドシャリポフ、デイヴィスを相手にせずハムストリングス伸ばしで、タップ奪う

<フェザー級/5分3R>
ザビット・マゴメドシャリポフ(ロシア)
Def.2R3分46秒by ヒザ十字
ブランドン・デイヴィス(米国)

-1400というとんでもない賭け率となったメドメドシャリポフ。代役出場のデイヴィスは、マゴメドシャリポフの試合を消化させるための生贄か。ローを2発入れたデイヴィスに左ローを返したマゴメドシャリポフは、ワンツー&ローをよけ右ハイはブロック、ほぼデイヴィスの攻撃を見切っているマゴメドシャリポフはスイッチを織り交ぜ、左ジャブ。右ローを当てたデイヴィスだが、右ジャブを貰う。ローをチェックし、ワンツーを狙ったマゴメドシャリポフが散打流のサイドからの足払いを繰り出す。

ケージを背負ったマゴメドシャリポフが左フックを打ち込み、素早い左ジャブを放つ。右フックを当てたマゴメドシャリポフは、アッパーを被弾しそうになると笑顔を見せて二段蹴り。デイヴィスの右ストレートに組み付いてバックに回る。リフトアップから叩きつけたマゴメドシャリポフはバックを制した状態で、後ろ回し蹴りを繰り出すと、最後に左ボディフックを入れた。

2R、余裕のマゴメドシャリポフは組んでバックに回り込むや後方からヒザを入れ、デイヴィスが胸を合わせて来たところで小外刈りでテイクダウンに成功する。スクランブルでバックを取り、前後への崩しを仕掛けるマゴメドシャリポフは後方からパンチ、ヒザを入れる。自らの体に捻りを加え、肩からデイヴィスを落としたマゴメドシャリポフがバックから力の入った右を連打する。

胸を合わせたデイヴィスだが、マゴメドシャリポフは離れて右前蹴り、飛び込んで足払いを決めると、バックマウントに。パンチを入れてRNCを仕掛けたマゴメドシャリポフは、前方に下りつつデイヴィスの右足を自らの右足で制したままで、左足をキャッチして前転。ヒザ十字の形だが、ヒザ関節でなくハムストリングスを伸ばす──腿伸ばしというべき極めでタップを奪った。

完勝の勝者は次の対戦相手にチャド・メンデスを指名した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY