この星の格闘技を追いかける

【UFN135】フェザー級のマイケル・ジョンソンが、フィーリにスプリット判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
マイケル・ジョンソン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.27-30
アンドレ・フィーリ(米国)

得意の左を伸ばすジョンソン。フィーリは右ハイ、右ミドルを繰り出す。フィーリにアイポークがあったと中段するが、すぐにリスタートが切られる。前に出るフィーリが右ハイ、続いて左ミドルを決める。引き続き前に出て蹴りを多用するフィーリは、引く時は引いてジョンソンの距離を取らせない。残り2分を切って左を決めたジョンソンが、逆に左ハイを繰り出す。

さらに左ストレート、左ミドルを見せたジョンソンはフィーリのハイをブロックして間合いを取り直す。左の精度は高いジョンソンだが、手数は決して多くない。ジョンソンが左ハイを空振りしたところで初回が終わった。

2R、すぐに左を当てたジョンソンはタイミングを計って蹴りに右を合わせていく。続く左ローがフィーリの急所に当たり、この試合2度目のインターバルが入る。再開後、右ハイを放ったフィーリが直後にテイクダウンに試行してバックを取ることを成功する。

起き上がったジョンソンの背中を取ったままで両足をフックし続けるフィーリは絞めを狙う。ヒジを押し上げ、手首を掴んで防いだジョンソン。フィーリはパームトゥパームでクラッチし後方に倒れ込む。RNCクラッチに移行を図ったフィーリだが、ここは極め切れずそのままバックマウントが続く。残り1分で胸を合わせようとしたジョンソンは、腕十字の仕掛けを許さずトップへ。ボディへのパンチ、左エルボーをフィーリに落としたジョンソンは三角絞めから腕十字を防ぎ、トップを取った状態でラウンド終了を迎えた。

最終回、フィーリは右ハイをガードの受けから2度放つ。ジョンソンは右ローから左を伸ばすが、この距離をしっかりとフィーリが見切っている。そのジョンソンの左にシングルレッグをあわせたフィーリがバックへ回り込む。片膝をついて背中を預けるジョンソンが、胸を合わせて立ち上がる。ここで離れたフィーリは引き続き、蹴りを織り交ぜたスタンドを見せる。

ジョンソンもダブルレッグのフェイクを見せるが、テイクダウンにても、左のパンチにしてもフィーリの右からの上への蹴りによって、タイミングよく放つことができない。フィーリは右ハイを続け、ジョンソンも残り1分でやや軽めだが左を当てる。

ここでシングルレッグを見せ、ダブルに移行したジョンソンはポイントの狙いへ。右手を差し上げ、前方に崩れそうになったフィーリの顔面に左のパンチを入れる。フィーリはダブルレッグに移行されても、しっかりとスプロールしスタンドに戻ったところでタイムアップとなった。

結果、ジャッジの裁定は割れジョンソンが判定勝ち。フィーリは驚きの表情を見せた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY