この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#6】試合結果 ウェルター級はブラドボーイ、ミドル級はドイツのマゴメドフと大穴が躍進

PFL2018#6【写真】計量でも分かるようにウェルター級として決して大きくないレイ・ブラダボーイ・クーパーがウェルター級1位となった(C)PFL

16日(木・現地時間)、ニュージャージー州オーシャンリゾートのオーシャン・リゾートカジノでPFL2018#6が開催されウェルター級とミドル級でプレーオフ進出8名のうち7名が決定した。

1回戦でジェイク・シールズを破ったレイ・クーパー3世は、パヴェルイ・クシュを僅か18秒で下し文句なしの首位となっている。一方、シールズはハーマン・トレドを相手に終盤は引き込んで3Rを落とす覚悟での逃げ切りファイトで3Pを獲得し7位となりプレーオフ進出を決めた。

ウェルター級の凝り1席はアブバカル・ヌルマゴメドフと今大会を欠場したポール・ブラッドレーの2人で争われることとなる。

またミドル級でもドイツ育ちのダゲスタン人ファイター=アブススピアン・マゴメドフが2試合連続の1Rフィニッシュでポイントを12点として、ブラドボーイと同様に同階級の台風の目となっている。

ミドル級も上位7選手のプレーオフ進出がこの日で決まり、残る1枠が未確定だが順位表から今大会に出なかったダニーロ・ビルフォートの名前がなくなっており、順位も11位までしか発表されていない。同じく今大会を欠場したサディボウ・シが8位となり、当確マークが点灯していない状況だ。

【ミドル級順位】※8位までがプレーオフ進出
1位 アブススピアン・マゴメドフ(ドイツ)
2位 ルイス・テイラー(米国)
3位 シャミル・ガムザトフ(ロシア)
4位 ブルーノ・サントス(ブラジル)
5位 ジョン・ハワード(米国)
6位 レックス・ハリス(米国)
7位 ガサン・ウマラトフ(ロシア)
8位 サディボウ・シ(スウェーデン)
9位 アンドレ・ロバト(ブラジル)
10位 エディ・ゴードン(米国)
11位 アンデウソン・ガンカウベス(ブラジル)

【ウェルター級順位】※8位までがプレーオフ進出
1位 レイ・クーパー3世(米国)
2位 ジョアォン・セフェリーノ(ブラジル)
3位 マゴメド・マゴメドカリモフ(ロシア)
4位 リック・ストーリー(米国)
5位 ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)
6位 パヴェル・クシュ(ウクライナ)
7位 ジェイク・シールズ(米国)
8位 アブバカル・ヌルマゴメドフ(ロシア)
9位 ポール・ブラッドレー(米国)
10位 ユーリ・ビルフォート(ブラジル)
11位 ヨナタン・ベスティン(スウェーデン)
12位 ハーマン・トレド(米国)


PFL2018#6
<ウェルター級/5分3R>
○レイ・クーパー3世(米国)1R0分18秒
TKO
詳細はコチラ
×パヴェル・クシュ(ウクライナ)
<ウェルター級/5分3R>
○マゴメド・マゴメドカリモフ(ロシア)3R
判定
×ボヤン・ベリチコビッチ(セルビア)
<女子ライト級/5分3R>
○ケイラ・ハリソン(米国)1R1分24秒
TKO
×ジョゼッティ・コットン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○アブバカル・ヌルマゴメドフ(ロシア)3R
判定
×ヨナタン・ベスティン(スウェーデン)
<ウェルター級/5分3R>
○ジョアォン・セフェリーノ(ブラジル)3R1分10秒
RNC
×ユーリ・ビルフォート(ブラジル)
<ウェルター級/5分3R>
○リック・ストーリー(米国)2R2分55秒
RNC
詳細はコチラ
×コールトン・マイナス(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○ジェイク・シールズ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ハーマン・トレド(グアム)
<ミドル級/5分3R>
○ブルーノ・サントス(ブラジル)3R
判定
×ジョン・ハワード(米国)
<ミドル級/5分3R>
○アブススピアン・マゴメドフ(ドイツ)1R1分27秒
KO
×アンデウソン・ゴンカウベス(ブラジル)
<ミドル級/5分3R>
○シャミル・ガムザトフ(ロシア)3R
判定
×レックス・ハリス(米国)
<ミドル級/5分3R>
○ルイス・テイラー(米国)3R
判定
×アンドレ・ロバト(ブラジル)
<ミドル級/5分3R>
○ガザン・ウマラトフ(ロシア)3R
判定
×エディ・ゴードン(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday