この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#3】セフェリーノが打撃戦のみでブラッドレーを撃破、6点獲得で好スタート

<ウェルター級/5分3R>
ジョアォン・セフェリーノ(ブラジル)
Def.1R1分58秒by TKO
ポール・ブラッドレー(米国)

セフェリーノがまず左ミドルを入れる。続いて左ハイを当てたセフェリーノは、ブラッドレーの前進をサークリングでかわす。さらに右ストレートをヒットさせるなど、序盤はブラッドレーのペースに。左フックを当てたセフェリーノは組み合いになってもケージにブラッドレーを押しこむ。離れたセフェリーノが右オーバーハンドを打ち込むと、ブラッドレーは完全に動きが止まり、追撃に両手をマットにつく。

必死に起き上がったブラッドレーをケージにつめて、左右の連打を打ち込むセフェリーノは、自らパンチを振るうことをやめレフェリーが試合を止めた。直後にブラッドレーはキャンバスに崩れ落ち暫く起き上がることができなかった。柔術家セフェリーノは立ち技だけで、ブラッドリーを破り6点を獲得し好スタートを切った。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY