この星の格闘技を追いかける

【ACB86】ヤギュシュムラドフが豪快なパンチ、TDからRNCを決めてトルクメニスタン初のACB王者に

<ACBライトヘビー級選手権試合/5分5R>
ドブレジャン・ヤギュシュムラドフ(トルクメニスタン)
Def.2R2分44秒by RNC
バルタス・アグナエフ(ロシア)

まず左ハイを繰り出し、左ローから前に出るアグナエフ。ケージ際を左右に回るヤギュシュムラドフは右ローを蹴られ、右ローを返す。アグナエフは左ロー、ヤギュシュムラドフが後ろ回し蹴りを放つ。さらにサイドキックを見せたヤギュシュムラドフは、パンチの距離には入りたくないよう戦い方から、アグナエフのパンチに右を打ち返す。さらに重い右ローを蹴ったヤギュシュムラドフは、ケージの周囲を回る展開に戻るとローだけでなく、パンチを繰り出すようになる。

ならばとアグナエフが思い切り踏み込んで右ストレートを打ち込む。残り1分を切ってヤギュシュムラドフが組んで王者をケージに押しこみ、エルボーを3発打って離れる。さらにシングルレッグからバックに回ったヤギュシュムラドフがテイクダウンを奪った。

2R、右前蹴りを顔面に届かせたヤギュシュムラドフだが、直後にアグナエフの右ストレートの直撃を受ける。組みにいったヤギュシュムラドフが豪快にスラムを決める。アグナエフは立ち上がるも、ヤギュシュムラドフが右を逆にヒットさせ直後にテイクダウンを決める。ハーフからパンチを落とすヤギュシュムラドフがマウントへ。バックに回ってRNCを仕掛けると、アグナエフが即タップ。ヤギュシュムラドフが新ACBライトヘビー級王者に輝いた。

「このスポーツをトルクメニスタンで成長させてくれた大統領に感謝する。作戦があったわけじゃなくて、コーチの指示に従って戦った」とトルクメニスタン人初のACB王者は喜びのコメントを残した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY