この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX28】豪腕ペリーから、ダウンを奪いグリフィンが快勝

<ウェルター級/5分3R>
マックス・グリフィン(米国)
Def.3-0:30-27.29-27.29-27
マイク・ペリー(米国)

素早いサークリングが右を伸ばすグリフィン、追いかけて右オーバーハンドを振るっていくペリー。左をフックから右を当てたペリーに対し、グリフィンは左ジャブを伸ばす。リーを蹴り合い、ペリーの左フックをダックでかわグリフィンが前進にワンツーをヒットさせる。ペリーの打ち終わりにもパンチを見せ、ショートの連打でリードすると、組んでボディロックへ。しかし、ペリーが逆にバックをとって寝技に持ち込みバックマウントを奪取した。

2R、ショートの連打を入れたグリフィンは、ペリーの右ローに右ストレートを合わせていく。グリフィンの前進に真っ直ぐ下がるペリーは、右ローに続き左ジャブを当てる。距離を詰めると首相撲を取ろうとしたペリーだが、バランスを崩し離れる。

側頭部や左目尻をカットして顔面を真っ赤の染めているペリーが左ハイを繰り出す。グリフィンは手数が少なくなり、左を被弾。しかし、直後に右から左フックのコンビネーションでダウンを奪う。ペリーはパウンドを落とされながら、ガードに戻して立ち上がったが、さらにパンチを纏められケージに詰まりラウンド終了となった。

最終回、細かいコンビネーションで前に出たグリフィンにペリーの右オーバーハンドがヒットする。距離を取り直したグリフィンに組みついたペリーはバックに回って、背中に飛び乗るが振り落される。ペリーの踏み込みに合わせ右を入れたグリフィンだが、飛び込んで打つようなペリーの右を被弾する。

懸命に距離を取るようになったグリフィンに右ハイ、ボディから左フックを打ち込む。組んできたグリフィンに背中を譲らず、ケージに押しこんでダブルを決めたペリーだが、これは逃げ切りをかけたグリフィンが引き込んだような形だった。

直後に試合終了となり、初回と2Rを取ったグリフィンが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday