この星の格闘技を追いかける

【Bellator194】改めてタフさ見せつけたネルソン、勝者ミトリオンに大ブーイング

<ヘビー級GP1回戦/5分3R>
マット・ミトリオン(米国)
Def.2-0:29-28.29-28.28-28
ロイ・ネルソン(米国)

サウスポーのミトリオンに、ネルソンが右オーバーハンドを繰り出す。バックステップでかわしたミトリオンは距離を詰めてショートを連打する。遠い距離でも左ストレートを当て、ネルソンのテイクダウン狙いを切って一気にラッシュを掛けるミトリオン。ふらついて離れたネルソンに、冷静にパンチを散らし、ローを蹴ったミトリオンに対し、ネルソンはテイクダウンへ。

これをすかして横に移動し、左ロー、左ミドルから右リードアッパーとミトリオンがネルソンを圧倒する。それでも真正面に立ちダブルレッグで飛び込んだネルソンが、右に回ってテイクダウンに成功する。このままトップをキープしたネルソンだが、ダメージを与えるようなパンチはほとんど出せなかった。

2R、ミトリオンの左ローでバランスを崩しかけたネルソンは、続く左ミドルで足が流れる。ミトリオンは右ジャブに続き、右アッパー。ネルソンはこのパンチが見えていない。左ボディ、左ストレートを刻むミトリオンが、ネルソンの前進に左ミドルを蹴っていく。左ストレートを入れ、間合を外したミトリオンに対し、ネルソンも懸命に前に出ていくが有効打はない。

ロー、ミドル、ハイと左の蹴りを見せて、右ジャブ&左ストレートと好き放題に映るミトリオンの攻撃を被弾したネルソンは、左目が潰れても倒れない。ローでつんのめりながら、そのままダブルレッグを決めたネルソンがハーフで固め、右のパンチを入れる。左の勢いのあるパンチを打たれ、嫌がったミトリオンだが序盤の貯金がきいたか。

最終回、序盤からショートのコンビに加えアッパーをミトリオンが見せる。右を振るって組んだネルソン、これを切ったミトリオンが左ストレートを当てていく。初期動作の小さな右オーバーハンドを繰り出すネルソンが、右ハイキック。このタフネス振りにミトリオンも口が開き気味になっている。そして残り3分20秒でダブルレッグを決めたネルソンは、ハーフから足を抜きかかる。

背中をマットにつけてスクランブルに持ち込めないミトリオンは、ついにパスを許す。クルスフィックスでパンチを連打するネルソンに対し、ミトリオンは腰が切れない。左上腕を打ちつけ、アメリカーナを仕掛けたネルソン。ここで抑える場所は上過ぎて、ケージを蹴ったミトリオンに立ち上がることを許してしまう。

しかし、ここでミトリオンは粘ることができない。ダブルでもう一度倒され、パンチを被弾しながらタイムアップを迎えた。試合終了後、両者そろってマットに大の字に。恐るべきはネルソンの打たれ強さ、か。

1Rと2Rはミトリオン、3Rはネルソンが10-8の可能性もある。果たしてジャッジの裁定は2-0のマジョリティ判定でミトリオンが生き残った。「何て言って良いのが分からない。しっかりとパンチを入れていたのに、本当にタフだった。僕はジャッジじゃないから、次の試合を見てくれ。きっとライアン・ベイダーが勝ち上がって来るだろう」と勝者はブーイングのなかで話した。


PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF