この星の格闘技を追いかける

【Bellator192】UFCと真っ向勝負大会で、ホイス・グレイシーの息子クォンリーがプロMMAデビュー

Royce and Khonry Gracie【写真】ホイスとクォンリー、そして長女のカハリアナ(C)BELLATOR

20日(土・現地時間)、カリフォルニア州イングルウッドのグレートウェスター・フォーラムでBellatorの2018年ファーストイベントとなるBellator192「Lima vs MacDonald」が開催される。


この日はUFCも東部ボストンで2階級の世界戦を組むビッグマッチを開く。世界1位と2位のプロモーションとして競合相手でありながら、基本ケーブルTVフォーマットに米国の金曜夜開催が多いベラトールが、土曜日にイベントを行う時はUFCのPPVショーと合致させないなど、がっぷり四つの興行戦争(今やTVウォーか)は見られなかった。

最近の中継陣の人の流れなど、徐々に胸を合わせつつあった両陣営がついに真っ向からやりあう。このような力の入った大会で、ベラトールはローリー・マクドナルドの世界ウェルター級王座挑戦やチェール・ソネン×ランペイジ・ジャクソンという目玉カードを投入した。

そんななか今大会で何気に注目したいのが、ホイス・グレイシーの長男クォンリー・グレイシーのプロMMAデビュー戦だ。1993年の第1回UFCの優勝賞金の使い道を尋ねられ「彼女とディズニーラウンドへ行く」と言っていたホイスは、そのお相手であった前夫人のマリアンとの間に3人の男子、1人の女子をもうけている。

20歳のクォンリーに関しては、競技柔術でその名を聞くことはなかったが、当然のように幼少期から柔術を手ほどきは受けており、今は父ホイスの茶帯を巻いているという。MMAに関しては叔父のホドリゴ、そして今回のプロデビューに当たってホイラーの指導を受けているそうだ。

そんなクォンリーに対しホイスは「ファイターになれとも、指導者になれとも言ったことはない。ただし、彼が身を守る術だけは教えてきた。ホイス・グレイシーの息子だ。どんなトラブルに巻き込まれても、逃げることは許されないからね」と語っている。

ディフェンス能力でいえば自分と同等のレベルにあり、パワーは上だと父ホイスは言うが、MMAで勝利するには欠かせない攻撃面はどうなのか。柔術をメインにボクシングコーチの指導を受け、レスリングや柔道の経験も少しはあるというクォンリー。昨年9月に3分×3RのアマMMAに出場した際は序盤の2Rはスタンドのみ、最終回にテイクダウンダウンを2度奪い判定勝ちを収めている。

組みつき方はザッツ・グレイシー的なボディロック狙いから左腕を差し上げてアンクルピック、もう一度はダブルレッグに近い形でテイクダウンに成功している。ただし、そこからは蹴り上げをうけて非常に淡泊にスタンドに戻っており、寝技を見せたわけではない。

ホイスが準備は整ったということでプロMMAを戦うクォンリーだが、実力の方は特別ではないルーキー、間違ってもクロン・グレイシーやホジャー・グレイシーのような高いハードルを設けてはならない。対戦相手のディヴォン・ブロックもプロデビュー戦で、アマ戦績は5勝0敗という戦績を持っているが、果たしてクォンリーはどのような試合を見せることができるか──。

■ Bellator192対戦カード

<Bellator世界ウェルター級選手権試合/5分5R>
[王者]ドゥグラス・リマ(ブラジル)
[挑戦者]ローリー・マクドナルド(カナダ)

<ヘビー級GP1回戦/5分3R>
チェール・ソネン(米国)
ランペイジ・ジャクソン(米国)

<ライト級/5分3R>
ゴイチ・ヤマウチ(ブラジル)
マイケル・チャンドラー(米国)

<フェザー級/5分3R>
アーロン・ピコ(米国)
シェーン・クルシュテン(米国)

<フェザー級/5分3R>
ヘンリー・コラレス(米国)
ジョージ・カラキャニャン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
クォンリー・グレイシー(米国)
ディヴォン・ブロック(米国)

<ウェルター級/5分3R>
イヴァン・カスティーロ(メキシコ)
ギルヘルミ・ヴァスコンセーロス(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
カイル・エストラーダ(米国)
ダヴィッド・デュラン(米国)

<ライト級/5分3R>
ノア・ティルス(米国)
ジェイリン・ターナー(米国)

<ライト級/5分3R>
クリス・パディーリャ(米国)
ガブリエル・グリーン(米国)

<ウェルター級/5分3R>
マーレン・マッギー(米国)
ジョニー・シスネロス(中国)

<バンタム級/5分3R>
ジェイムズ・バーンズ(米国)
チャド・ジョージ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
ホセ・カンポス(米国)
ハイム・ゴザリ(イスラエル)

<ウェルター級/5分3R>
イアン・バトラー(米国)
ジョーイ・デイヴィス(米国)

<フェザー級/5分3R>
クーパー・ギブソン(米国)
アンドリュー・ラゾ(米国)

<ライト級/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ(米国)
トミー・アーロン(米国)

<ライト級/5分3R>
マイク・ゼグラ(米国)
アルトゥル・エストラスラズ(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
アイザイア・カルペッパー(米国)
ジャンポール・ルボスノヤニ(米国)

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY