この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC27】ムエタイベースのスペンサーが持ち味発揮し、アルハメドのフルマークの判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
フェリシア・スペンサー(カナダ)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
アキーラ・アルハメド(米国)

いきなり前足でハイを狙ったスペンサー、アルハメドは構えを変えて左から右を当てると連打で距離を詰める。体を入れ替えたスペンサーがケージにアルハメドを押し込むが、シングルを切られテイクダウンは奪えない。ケージ際で態勢が2度、3度と変わりアルハメドが左フックを見せて離れる。アルハメドは右ミドル、スペンサーが右フックを返すも、左ハイからパンチでラッシュをかける。

さらに左前蹴り、左ジャブでスペンサーを突き離す。距離を詰めて組みを狙ったスペンサーは離れ際に左ハイ、アルハメドの顔面を掠めて直後にダブルレッグでドライブする。ここから攻め切ることができないスペンサーにヒザを入れたアルハメドだが、スペンサーはここでも左ハイ、そして右ハイを見せた。

2R、組む前、離れ際に左右の蹴りを使うスペンサー。アルハメドは受動態のファイトから、左フックを被せていく。左フックを効かせたアルハメドだが、自ら動かずスペンサーが組んでケージへ押し込む。アルハメドはヒザをボディに突き上げるも、スペンサーがシングル&小外掛けのコンビネーションで尻餅をつかせる。がぶって立ち上がったアルハメドが、そのままギロチンでリフト気味に絞める。

スペンサーはケージに体重を預けて、柔軟な股関節を活かしたようなヒザ蹴りを繰り出す。離れて右ストレート、ヒザをボディに入れたスペンサーが蹴り、パンチで圧力を強める。右ハイに続く左ストレートを打ち込み、アルハメドの軸が乱れるようになる。バランスを崩してマットに背中をつけたアルハメドに右エルボーを落としたスペンサーは立ち上がってボディにネリチャギ、テコンドー殺法が冴えてきた。

最終回、アットリョチャギ(前回し蹴り)、ヨットラチャギ(横回し蹴り)直後に距離を詰めてテイクダウンに成功したアルハメドに対し、スペンサーは窮屈な状態で足をすくいつつガードへ。ガードに戻し立ち上がろうとしたスペンサーに対し、アルハメドがギロチンから引き込むも頭を抜かれてパスを許す。枕でプレッシャーを与えて削るスペンサーが、左の細かいパンチを打っていく。アルハメドは柔術ベースだが足を戻せず、パスを嫌がり背中を預け気味に。パンチを打たれ、ハーフに戻したアルハメドが一気に立ち上がると、スペンサーは強引にバックを取りに行き、前方に落とされる。

ここぞとばかりにパウンドに出たアルハメドだが、スペンサーは足を戻してラバーガードを狙う。アルハメドはヒールフックへ。立ち上がったスペンサーを蹴り上げたアルハメドだが、外掛けで足を取り下からパンチを伸ばすという珍しい態勢で試合は終了となった。

互いに持ち味を出した感があった試合は、その持ち味を発揮する時間帯が多かったスペンサーがフルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY