この星の格闘技を追いかける

【2017~2018】金原正徳─03─「真面目な話、引退試合だとしても弱い人間には興味がない」

Masanori Kanehara【写真】2018年、ケージのなかで金原の雄姿を見ることはできるのか (C) MMAPLANET

9人のファイター達が語る2017年と2018年、金原正徳の足跡と一里塚─最終回。

もう、やりきったのだろうか。エンジンを回す、ガソリンがなくなったのかもしれない。それでも強くなり続けている金原は、日本のMMAの状況を憂う。

そんななか、最後にある選手の名前を口にした途端、その眼に輝きが戻り、笑顔が浮かんだ。金原正徳はやはり、心の底からMMAが好きなんだと伝わってくる──引退試合の提案だった。

<金原正徳インタビューPart.01はコチラから>
<金原正徳インタビューPart.02はコチラから>


──もうやるだけやってきたという風に聞こえます。

「UFCを目指している、そういう若い選手がそんな気持ちで戦うことはないし、あってはならないです。ただ、僕はもうあの気落ちで格闘技はできない。だから、こないだの徳留も勝ってほしかった。アイツぐらい、人生を賭けてMMAを戦う人間にもう出会わないと思うし。試合前にアイツには『俺の夢もお前がもう一度、UFCに出ることだから。絶対に勝ってこい』って伝えていました。

そこで出る結果は結果、しょうがないです。で、そんな大勝負に勝った久米君がUFCと契約できるわけでもない。そういう選手はどこに向かって走っていけば良いのか。僕の場合はもう着地点を探して格闘技人生を続けています。でも、飛びたとうとしている選手が、どこに向かって飛べば良いのか見えないのは可哀想です」

──根底にMMAが好きだという気持ちと、生活の兼ね合いのパーセンテージをどう区分けしているのか。

「今や日本のMMAは発表会的なノリがデカいですね。チケットをたくさん売って、試合を見てもらうというような。チケットを買ってくれる人には、純粋に楽しんで欲しくなるものだし。その裏にある辛さとか、そういうモノの存在が出るようなこともない。僕がUFCを目指していた時とは、違う。それは大きいです」

──発表会の試合は、世に訴えるパワーが少ないと感じられます。人生を賭けるから伝わってくるものがある。結果、これからの日本人MMAファイターは選手寿命が短くなるかもしれないですね。

「UFCと契約するには、条件がどんどん厳しくなっていく。にも拘わらず、そこで戦っている選手が社会に認知されているわけじゃない。UFC JAPANも日本人選手が勝っても、即次につながっていない。そんな話ありますか?

だからこそ国内で戦っている若い選手、どんどん上の世代を食うような勢いを見せれば良いんですよ。まず、国内で目立って実績のあるベテランを食う。それこそバンタム級の若い選手、僕や水垣(偉弥)君の名前を出せば良い。元UFCファイターに勝とうとする姿勢、俺らをやっつけていこうとすれば良いんです。

逆にキックで名前を出してくれたから、俺だって燃えるものがあった。喧嘩じゃないけど、喧嘩のような気持ちは必要ですよ」

──好きなことが言えない空気もありますよね。プロモーターがファイターより強い。

「寂しいです。キックに出て、それは感じました。外に出ると感じますね。UFC JAPANで盛り上がっても、それからが報じられない。寂しいですよ」

──イベント用に盛り上げる。大会後はなし。本当はあそこから、UFCってこうなんだとGSP×ビスピンぐらいまで同じ熱で報じる努力は運営サイド、そして専門メディアには必要だったと思います。

「ホント、大会が終わってから何もない状態でしたよね。もう業界全体の問題ですね……」

──第2のPRIDEが欲しい人たちが、育てる必要があるモノに即・結果論を求めた。それが日本におけるUFCだったと思います。

「ホント、どうすれば良いのでしょうね」

──好きな人がやり続ける。また、いつか波が来る。ジタバタしてもしょうがない。なんて天下泰平でいるぐらい、MMAは楽しいですけどね(笑)。そうでない人もMMAに興味を持ってくれた時、嫌な思いをしない世界にするぐらいではないでしょうか。

「時代は巡りますしね。またMMAの時代、来ますかね」

──来ると思いますよ。そんなMMAの試合、金原選手はどう考えているんだと本題に戻らせてもらいます(笑)。

「ハハハ。やりたい選手と、やりたい場所で戦う。そこが揃えば……申し訳ないけど、今も強くなっていますから」

──練習で他の選手を倒すのは、もうやめてください(笑)。

「そうやって向かってくる子が、強くなるんですよ(笑)」

──ファンは練習を見ることはできないですからね。

「中途半端な作品を見せたくないというプライド、100パーセントでない金原正徳は見せたくないという気持ちはあります。そこまで創ることができる場所、相手がいれば……ということになりますね。そして見たいと言ってくれる人がいると、それが2018年──MMAをもう一度頑張ろうかと思うモチベーションになるのかと」

──フェザー級になるわけですよね。具体名を挙げるとすれば、誰か戦いたい選手はいますか。

「若い選手は分からないけど、パンクラスに出ている選手達とかは興味がありますね。『ヨーシ、やってやろう』と思うのは、名前を出して良いか分からないけど、髙谷さんとかですね。

僕にとってはレジェンドなので。やってみたい、挑戦したいと思う強くて、怖い選手です」

──そこが見ることができるか、一縷の望みを持ち続けます。きっと2018年になければ、もうないと思いますので。

「確かに、そうですね。家族からは『もう良いでしょう』と言われ続けていますからね。弱くなったり、落ちてきたらスッパリ辞めることができるのに、強くなっているんですよ(笑)」

──あのキックの試合を見たら、それは分かります。だから、話を聞きに来たのではないですか(笑)。

「ハハハ。強くなっちゃっているんですよね」

──それでいて、ケージレスリングが滅法強い……。

「グラップラーですからね。ハッキリ言って(笑)。あっ、これだけは書いておいてください。僕がMMAファイターだから、不可思はパンチが見えなかったとか言われているみたいだけど、そこは違うって。

俺は俺。他のMMAファイターが、あのパンチを不可思選手に当てることができるのか──違うでしょ。そこだけは書いておいてください(笑)。で、アレがMMAで使えるのかっていうのは、また違うんですけどね。だったら、今度グラップリングやってみようかな」

──いえ、MMAを戦ってください(笑)。

「じゃぁ水垣×金原、引退試合をやりましょうよ」

──最後まで水垣選手を苛めたいのですか(笑)。

「そんなこと絶対にないですよ(笑)。水垣君、なんかそういうキャラで彼も大丈夫な人だけど、僕はUFCがどれだけ厳しい場所か身に染みて分かった人間です。

それは誰よりも知っていると思っています。あの場所で、あれだけ勝ち残れた水垣君の凄さも誰よりも分かるつもりです。真面目な話、引退試合だとしても弱い人間には興味がないですから。

水垣君はどのような状況になろうが、リスペクトしています。戦ってみたい選手です。ホント、水垣君と戦えるなら完璧に仕上げます。そうしないと勝てないから。口にするだけで気持ちがあがりますし。

水垣君とケージで戦わせてもらえるなら、本当にやりたいです」

──実現すれば涙モノのファイトですが、水垣選手はバンタム級ですよ。

「アッ、ならマイケル・マクドナルドと同じ138ポンドのキャッチウェイトで(笑)」

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY