この星の格闘技を追いかける

【UFC219】ラッシュ→ガス欠を繰り返したラウントリーを下し、オレキシェジュクがUFC初陣を飾る

<ライトヘビー級/5分3R>
ミハウ・オレキシェイジュク(ポーランド)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
カリル・ラウントリー(米国)

鋭い右ミドルを見せるラウントリーが左を思い切り伸ばす。さらに右ミドルハイを繰り出し、左ローとオレキシェイジュクにプレッシャーをかける。オレキシェイジュクの左ロングにはラウントリーは素早いショートを連打し、早々にカットさせる。オレキシェイジュクがシングルレッグテイクダウンも、ラウントリーはギロチンで後方回転し、ケージに移動して立ち上がる。そのままギロチンで首を捻ったラウントリーは飛びヒザからパンチでラッシュをかける。

既に大きく肩で息をするようになったラウントリーにボディをウチオレキシェイジュクが、前に出る。そこにカウンターで左を振るうラウントリーが、右ミドル。オレキシェイジュクが左ストレートを2発、前蹴りをボディに入れ動きが落ちたラウントリーを攻め込んでいく。左ミドル、左ストレートを入れたオレキシェイジュクが、下がるラウントリーに左ミドル。さらに左ヒザをボディに突き刺す。ラウントリーは序盤も猛攻もポイント自体がどちらにつくか、分からない初回となった。

2R、ステップが戻ったラウントリーが右ハイも、いつまでこの動きが続くか。オレキシェイジュクは左を振るって前に出ると、ラウントリーが左で迎え撃つ。ここからフックを強打するも、やはり息が切れてきた。オレキシェイジュクは左フック、右ローを当てスピニングバックフィストを避けるとボディを打ち込む。さらにワンツー、ショートアッパーを打ち込むオレキシェイジュクに対し、ラウントリーは足が揃い始める。

オレキシェイジュクは左ミドルを見せるが、テイクダウンで揺さぶり削っていきたいところだ。スタンドの打撃戦で、ボディを入れたオレキシェイジュクが左ローを見せる。ラウントリーは完全に手が止まり、ボディをえぐられる。それでも左アッパーを返したラウントリーは左フックを受けつつ右ジャブを伸ばす。オレキシェイジュクは首相撲&ヒザを腹に決め、スタンドでラウントリーを削っていった。

最終回、回転数の速いパンチを繰り出すラウントリーの動きが一息つくと、オレキシェイジュクがシングルレッグでテイクダウンを決める。ガードの中からエルボーを落とすオレキシェイジュクは、ラウントリーを立たせない。序盤のラッシュで心拍数が上がり、血中酸素からエネルギーを得るようになるラウントリーは、もうこうなると動けない。

オレキシェイジュクがパスガードを決め、バックからパンチを入れる。RNCクラッチでラウントリーを仰向きにさせたオレキシェイジュクがサイドから腕関節を伺いつつ、ラウントリーの対応に合わせてポジションをキープしてコツコツとパンチを落とす。背中をマットにつけたまま動けないラウントリーは、フルマークでオレキシェイジュクに敗れた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

WEF X Arzalet

ONE DAY