この星の格闘技を追いかける

【ACB77】元UFC&Bellatorファイター=バレルに、イサエフが競り勝つ

<ウェルター級/5分3R>
ベスラン・イサエフ(ロシア)
Def.2-0:29-28.29-28.29-29
ナフション・バレル(米国)

UFCとBellatorに出場してきたバレルだが、200グラムの計量オーバーでイサエフ戦へ。打撃で前に出てくるイサエフに右オーバーハンドを当ててダウンを奪ったバレルが、直後にダブルレッグを狙うもテイクダウンには結びつけない。それでも、直後に離れてパンチを打ってくるイサエフにバレルはテイクダウンを決める。イサエフはすぐに立ち上がり、重い右ローから右フック、バレルも右フックを返す。

右アッパーとヒザ蹴りを入れるイサエフだが、右を放ったところで右フックを受けてダウン。マウントを取ったバレルがパンチを打ちつけ、背中を見せたところでRNCへ。イサエフが耐えると、パンチに切り替え腹ばいなってもう1度RNCをセットアップも極めきることはできなかった。

2R、バレルは左ミドルを蹴り、イサエフのローに右を合わせる。イサエフは右を伸ばし、ボディを効かせる。しかし、イサエフは右ローをキャッチされ右を打たれ、ガードを強いられる。足を一本抜きにかかるバレルと、戻すイサエフのネチッコイ展開が続く。下になってもパンチを打ち続けるのはイサエフで、残り15秒でブレイクが掛かりスタンドへ。バレルが右を打ち込み、2Rが終わった。

最終回、バレルが右を当て、左ミドル。イサエフも右フックをヒットさせシングルレッグでテイクダウンに成功する。スクランブルでギロチンを見せて引き込んだイサエフ、かなりタイトに入っていたように見えたがバレルが頭を抜いてトップを取る。イサエフはケージを背にして立ち上がると、ダブルから肩口にバレルを担ぎ上げてスラム。続いてパスに成功すると、バックに回り込んで後方からパンチ連打していく。

バレルはスクランブルに持ち込んだが、ダブルレッグで倒される。立っては倒される繰り返したバレルは、スクランブルでバックを譲る。バレルがケージを背にして胸を合わせるが、またもテイクダウンを許し万事休す。そのままタイムアップとなり。裁定の発表まで、かなり時間を要し、マジョリティ判定でイサエフが勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY