この星の格闘技を追いかける

【UFN121】ローズクラーク、11日前のオファーで3ポンドオーバーのキャッチウエイト戦に勝つ

<128ポンド契約/5分3R>
ジェシー・ローズクラーク(豪州)
Def.2-1:29-28.29-28,28-29
ベック・ローリンズ(豪州)

急遽出場のローズクラークが体重を落とせずに、キャッチウェイト戦に。ジャブを伸ばし合い、右ストレートを繰り出す両者。ローリンズが距離を詰めてショートのワンツーを見せる。さらに右を当てると、右足をキャッチしてテイクダウンに成功する。ローズクラークはクローズドガードも、パウンドを連続で受けて足を一本抜かれる。スイープを決めたローズクラークが上を取ると、ローリンズが腕十字へ。腕を抜いたローズクラークはパスを狙う。

ローリンズがフルガードに戻すや、ローズクラークはスタンドに戻りローから右フックをヒットさせる。ワンツーも繰り出したローズクラークが右クロスを入れるなど、終盤は打撃で優位に立った。

2R、打撃の主導権争いが続き、ローズクラークが左フックを当てると、近距離でローリンズが右フックを打ち返す。クリンチの攻防で態勢を幾度となく入れ替えた後、離れたローズクラークが左ヒザをボディに。ローからボディへのヒザでローリンズの動きを止めたローズクラークはパンチでラッシュを掛けてから、テイクダウンへ。バックマウントを奪いつつ肩固めにもスイッチできるポジションのローズクラークは、足を抜きつつ絞めていく。

ローズクラークはマウントを選択し強烈な右エルボーを落とす。掌底に続きエルボーを打ち込んだローズクラークがラウンドを取った。

最終回、いきなり距離を詰めて連打を見せたローズクラークが左ミドル、そしてヒザでボディを狙う。鋭い右ローを蹴り込むローズクラークに対し、ローリンズも左を当てて前に出る。ローズクラークは右を当て、左フックへ。ローリンズも左フック、右フックを打ち込む。下がり気味となったローズクラークはそれでも右を被せ、ヒザ蹴り。さらに右ストレートを入れて、左ミドルを決める。

ローリンズも左ジャブを伸ばすも、左ローから右ストレートを返される。それでもワンツーをヒットさせたローリンズも負けじと左エルボーをヒザに合わせ、右フックを打ち抜く。パンチを効かされたローズクラークが組んでもワキをすくわれて尻餅を逆につかされる。残り1分、ケージを背にして立ち上がったローズクラークが逆にバックに回り込むと、正面を向いたローリンズに小外掛けを決めてテイクダウンを取り返す。

細かいエルボー、鉄槌、パンチをまとめたローズクラークはスプリットでUFC初陣で勝利を手にした。「減量が大変で苦しかったけど、勝てて嬉しい」と11日前のオファー受けての試合を振り返った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie