この星の格闘技を追いかける

【UFN118】手が出ないトゥアリ、アウベスの蹴りで突き放されテイクダウンに敗れる

<ウェルター級/5分3R>
ワルリー・アウベス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
サリム・トゥアリ(ポーランド)

左フックを見せて前に出たトゥアリ。アウベスは組んでバックに回る。正面を向いたアウベスがハイクロッチでテイクダウンする。トゥアリはすぐに立ち上がるが、ケージに押し込まれた状態が続く。ケージを背にしてヒザ蹴りを見せるトゥアリが離れると、アウベスは右ローを走らせる。トゥアリは左ボディストレート、続いて左を顔面に伸ばす。左ボディフック、左ストレートを繰り出したトゥアリが、右ストレートを当てる。

アウベスは右アッパーを当て、下がったトゥアリに対しオーバーハンドに続き、右アッパーを見せてからダブルレッグでテイクダウンに成功する。後方から殴られながらトゥアリは立ち上がると、ここでもケージを背負ってヒザ蹴りを入れて距離を取りなおす。左ジャブを伸ばすトゥアリだが、初回はアウベスのラウンドとなった。

2R、アウベスが左ハイを2発見せ、右ロー。トゥアリは左ボディを繰り返す。左ミドルを蹴られたトゥアリは左ジャブ、右アッパーを被弾して下がる。殴られながら左フックを振るったトゥアリは組み合いで、初めてケージにアウベスを押し込むが自ら離れる。ケージを背負うアウベスに対し、トゥアリは右リードアッパーを届かせる。

右目を気にするようになったアウベスが左ハイを繰り出すが、トゥアリが左ジャブをヒットさせる。左ハイ、左フックを続けさまに放ちプレッシャーを与えるアウベス。最後は組んでケージにトゥアリを押し込み、この回も取ったか。

最終回、アウベスがまず左ミドルを蹴っていく。右アウトサイドローを続ける。とアウベスの左ローがトゥアリの急所に入り、試合が中断。再開後、左ミドルを蹴り込むアウベスが、左ハイを狙う。小刻みに両手を振って、タイミングを計るトゥアリだが手数が少なすぎる。狙い直ぐなのか、それでも手がでないトゥアリ。思い切って左フックを放っても、アウベスの蹴りにラッシュを阻まれる。と、残り40秒でアウベスは組みに行きダブルレッグで尻餅をつかせ、スクランブルでバックを伺う。このまま試合はタイムアップとなり、アウベスが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie